記事

「1着5万円の表彰台ジャケット」を提供するアシックスがウエアづくりで絶対に守ること

1/2

東京オリンピックで表彰台に立つ日本人選手はオレンジ色のジャケットを着ている。これはアシックスが作製した「ポディウム(表彰台)ジャケット」だ。価格は約5万円。なぜそんなに高いのか。ノンフィクション作家の野地秩嘉さんが書く――。

※本稿は、野地秩嘉『新TOKYOオリンピック・パラリンピック物語』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

200221東京2020日本代表ウェア
東京2020日本代表ウェア - 提供=JOC/JPC/ASICS

夢は前回東京大会から始まった

アシックスの常務、松下直樹は今大会の商品開発責任者だ。生まれたのは1959年。5歳の時に前回の東京大会が開かれた。小学校に上がる前だったが、それでも鮮明に覚えている。

それは三宅義信選手が男子フェザー級重量挙げで優勝し、金メダルを取った瞬間のことだ。

日本チームにとっての金メダル第1号だったから、優勝シーンは繰り返し放送された。三宅選手は東洋の魔女と呼ばれた女子バレーボールチーム、マラソンの円谷幸吉選手と並んで、あの大会のヒーローだ。

興奮した松下少年はクレヨンで三宅選手が表彰台(ポディウム:podium)に上がった絵を描いた。母親は絵を誉めた後、古びた箪笥の横に貼り付けた。松下家では長い間、重量挙げを描いたクレヨン画がお茶の間のギャラリーを彩ったのである。

少年はもうひとつのシーンも忘れられなかった。

それは閉会式。各国選手は整列せずに国立競技場にひと塊になって入場してきた。他の国の選手と腕を組んだり、肩を並べたり、お互いに記念撮影をしたり……。開会式とはまったく違う種類の楽しそうな交歓シーンだ。堅苦しさを感じない式典で、選手たちは言葉ではなく、態度でスポーツの世界には国境がないことをリアルに表現した。

閉会式は終幕に近づく。国立競技場の電光掲示板には「SAYONARA(さよなら)」と「WE MEET AGAIN IN MEXICO(次はメキシコで)」と表示が出た。少年は文字を見ながら胸がいっぱいになり、涙が流れて仕方なかった。

スポーツを一生の仕事にしたい

十数年後、同志社大学に入った少年は陸上競技部に所属し、ハードル選手として活躍する。オリンピックにこそ出場しなかったけれど、競技に明け暮れた学生時代だった。大学を卒業した後はスポーツを一生の仕事にすることにし、アシックスに入社する。

現在は同社常務執行役員として、日本代表選手団のポディウムジャケット、シューズ、バッグなど17種類の製品を作製する責任者である。

松下は言った。

「日本代表選手団のオフィシャルスポーツウエア、オリンピックもパラリンピックも担当します。ポディウムジャケットというのは表彰台に上がる時のウエアのこと。シューズもやります。日本代表選手が表彰台に上がる時に履きますし、選手村でも使用します。この他、Tシャツ、帽子、バッグも作りましたし、応援グッズやボランティアのユニフォームも当社製です」

アシックスが作製するのは日本代表選手団の選手、監督・コーチなどが使うウエア、シューズ、グッズである。選手が競技に出場する時のユニフォームはそれぞれの競技団体のオフィシャルサプライヤーが担当する。また、サッカー選手のシューズなどは個々の選手がそれぞれスポンサーと契約している場合がある。

開会式、式典、選手村、本番…着る服は実に豊富

そうして考えると、東京大会に出場する日本選手のワードローブは実に豊富だ。

まず選手村のクローゼットに吊るすのは開会式用と式典用の服だ。そして、選手村内で着るアシックス提供のTシャツ、ポディウムジャケット、パンツとシューズ、バッグなどがある。各競技団体が配る練習用と本番用のウエアとシューズとバッグもある……。

かつての東京大会でマラソンに優勝したアベベ・ビキラは選手村でも本番でも同じウエアにトラックスーツを羽織るだけだったが、そうした時代はすでに過去となったのである。

現在のオリンピック・パラリンピックではウエア、シューズ、グッズが次々と開発され、種類も増えている。新しい技術に裏打ちされたスポーツウエアは大きな大会が開かれるたびに注目度が上がる。各スポーツメーカーは大会に向けて新製品を出す。ワールドカップ、各種世界大会は新製品の見本市となっているのだが、最大規模のそれがオリンピック・パラリンピックなのである。

国立競技場
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ebico

「ジャージ」を作ったのはオリンピアンだった

松下は「ご存じでしたか?」と尋ねてきた。

「ジャージを日本で初めて作ったのはうちの子会社のニシ・スポーツで、社長の西貞一(故人)さんがその人です。西さんは同志社大学陸上競技部出身で、オリンピック選手でした。僕は後輩なんです」

ニシ・スポーツに確認すると、「1954年に、日本初、前開き式ファスナー付きのトレーニング・ジャケット及び脚側部にファスナーを付けたパンツを発表」という記録が残っていた。また、アシックスの前身、オニツカタイガーには「タイガーパウ(ジャージの上下を)1974年に販売」という記録もあった。

編地でできたスポーツウエアを指す「ジャージ」は和製英語だ。語源はニット生地の平編みであるジャージースティッチ(jersey stitch)のこと。イギリス海峡にあるジャージー島の漁師が着ていた厚手の編地で、漁師がスポーツをするためのウエアではなく、寒さを防ぐための厚手のセーターだ。それをニシ・スポーツは細い糸を使ったジャージー編みの運動着に仕立てたのである。

当初はトレーニングウエアという名称だったのが、いつの間にかジャージと呼びならわされるようになった。なお、海外ではむろんジャージとは言わない。トラックスーツと呼ばれている。

ジャージは開発されて短期間のうちに普及したわけではなく、中学校、高校、大学の運動着になったのは1970年代に入ってからだ。

「人間の動きを解放する」ウエアづくりを重ねてきた

松下は思い出す。

「僕が中学生になった頃(1974年)、体育の時間には、みんな布帛の白いトレパンを穿いていました。普通のズボンと同じつくりでしたから四股を踏んだり、スクワットしたりすると股のところが破れてしまうんですよ」

「白いトレパン」は布帛生地を縫い合わせたものだった。現在、病院の看護師が穿いているような白いパンツを思い浮かべればいい。手足を大きく動かすには窮屈な衣料で、膝を屈伸したり、大きく足を上げたりするには向かない。白いトレパンの上に着るのは丸首の綿シャツだった。肌着と同じ編地だから伸縮性がある。あの頃の中学生、高校生は夏になると丸首シャツとトレパン、冬になったら、丸首シャツにセーターを着たりしていた。

そんな時代にデビューしたジャージは機能性において優れていた。上下ともに編地だから伸縮性がある。四股を踏もうが、スクワットをやろうが、股が裂けたりしなかった。上は前開きのファスナー付きで、下は脚の膝下部分の側面にファスナーが付いていた。ジャージは「人間の動きを解放する革命的スポーツウエア」(松下)だったのである。

ジャージはたちまち日本中の学校体育で使われるようになり、修学旅行の時はパジャマ代わりにもなった。大学の運動部、社会人も使うようになり、一般の人々もトレーニングウエアと言えばジャージと認めるようになった。

ジャージは革命的ですよとつぶやきながら、話を進めていた松下はぽつりと言った。

「東京大会で、もっとも苦労したのはポディウムジャケットですね。当社の機能性追求の歴史とノウハウをすべて投入しました」

朝日をイメージしたジャポニズムデザイン

ポディウムジャケットとは選手が表彰台に上る時に羽織るトラックスーツのことで、ジャージの延長線上にあるウエアだ。柔道の選手も、陸上、水泳、球技、室内競技の選手たちも、メダル授与のセレモニーではポディウムジャケットを着る。スポーツウエアでありながら競技そのものに使用するものではなく、羽織るものだ。

アシックスは2017年の初めから同ジャケットを含むウエア、シューズ、バッグなどの開発に入った。

同社の神戸本社8階にはディシジョンルームという役員用のミーティングルームがある。その部屋で開発を決定し、日本代表選手団を派遣するJOC/JPCと確認の上、方向性を決めた。その後は企画立案からレプリカ製品の販売企画まで50人のチームで行っている。2000人弱の従業員のうち、50人の代表がスタートからダッシュしたわけだ。

「ポディウムジャケットは選手の着用感、使用の快適性、機能性を重視して作りました。カラーは朝日が昇る力強さをイメージしたサンライズレッド。非常に発色のよい色ですので、表彰台に立つと目立つウエアになっています。デザインテーマはジャポニズム。『折形』や『かさねの色目』など日本の伝統文化を表現に取り入れてあります」

あわせて読みたい

「アシックス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  8. 8

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。