記事

金メダル量産でも「報奨金0円」の理由を柔道連盟に聞いてみた

男女多数のメダル獲得者がいた柔道(写真=AA/時事)

 東京五輪日本人メダリスト第1号を生み、男女・団体合わせて金9個、銀2個、銅1個と、メダルを量産した「柔道」。「ニッポンのお家芸」の面目躍如となったが、選手たちは他の競技に比べて“恵まれない”面もあるという。

【写真】脚をおくりながら反対向きに状態を倒し技に入る阿部一二三。他、高藤直寿も

「基本的にメダルを獲った選手には各競技の連盟や協会から報奨金が出ますが、柔道はそれが“0円”なんです」(スポーツ紙記者)

 東京五輪では、金メダルの場合、たとえばテニスなら800万円、バドミントン・卓球・空手なら1000万円、陸上・ゴルフ・馬術に至っては2000万円の報奨金が各競技団体から支給されることになっている。

 選手にとって報奨金は功績を認められ、努力が報われた「証」でもある。なぜ柔道は「0円」なのだろうか。

「報奨金を与える目的は様々ありますが、一つは『選手のモチベーションを上げる』ことです。競技人口が少ないマイナー競技ほど高額な報奨金が出る傾向がありますが、報奨金を出すことで競技人口を増やす意味も大きい。

 その点、柔道は日本の伝統競技で人口が多く、他の競技に比べてメダル獲得数も多い。引退後も教師や警察官など活動の場が広いため、生活に困ることが少ないことも理由の一つでしょう」(スポーツライターの小林信也氏)

 全日本柔道連盟に尋ねると、「報奨金は出しておりませんが、カデ(15歳以上18歳未満)・ジュニア(15歳以上21歳未満)強化選手を含めたすべての強化事業において、当連盟が費用を負担し、広く次世代の五輪選手の育成に努めています」(企画課)とのことだった。

「功績」よりも「育成」にお金をかける。それが圧倒的強さの原動力だったのかもしれない。

※週刊ポスト2021年8月20日号

あわせて読みたい

「柔道」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    立憲民主党の「所得税ゼロ」より、もっと良い方法を建設的に考える→社会保険料の免除だ!

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月29日 08:31

  3. 3

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  4. 4

    コロナ感染減少の要因 分科会の「人流」指摘する説明には無理がある

    中村ゆきつぐ

    09月29日 08:55

  5. 5

    命よりカネ 小池知事「都立病院の独法化」宣言

    田中龍作

    09月29日 08:28

  6. 6

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  7. 7

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  8. 8

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  9. 9

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  10. 10

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。