記事
  • ロイター
  • 2021年08月06日 14:25 (配信日時 08月06日 14:35)

再送-アディダス、新シューズ開発続ける方針 相次ぐ陸上記録更新で物議


(文中の脱字を補って再送します)

[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツのスポーツ用品メーカー、アディダスのカスパー・ローステッド最高経営責任者(CEO)は5日、東京五輪や各地の大会で一部の選手が新素材を使ったシューズを履いたことで記録を更新した可能性があるとして、公平性を疑問視する声が上がる中、同社はランニングシューズの新技術開発を続けていくと明らかにした。

同CEOは決算発表の記者会見で、「認められるシューズの仕様は規則で極めて明確に定められている」と説明。「誰もが限界を超えようと努力しており、国際オリンピック委員会(IOC)は明確に許容基準を定めている。それこそが何が公正であるかを示す最良の方法だ」と語った。

反発力の高い「ブースト」ソールを使ったアディダスのランニングシューズは、2014年のデニス・キメット選手のマラソン世界記録更新に貢献したとされる。最近の陸上界では、ナイキが厚底シューズ「アルファフライ」の使用選手が増えている。

カーボンプレート内蔵の厚底ランニングシューズや新たなスパイクの登場以来、長年破られなかった記録が次々と塗り替えられ、過去との比較がしにくくなった。

昨年12月にはハーフマラソンで世界初となる57分台を4人の選手が同じレースで記録。優勝したキビウォット・カンディ選手はアディダスのカーボンシューズ「アディオス プロ」を履いていた。

東京五輪では、400メートルハードルの男子と女子のレースでそれぞれ世界記録が更新され、大会直前に更新された世界記録をさらに塗り替えた。他の距離の種目でも国内新記録が連発しており、新シューズが物議を醸している。

ローステッドCEOは、たとえ国際大会で使われない可能性があっても、技術革新のために既存の規制範囲を超えた技術の開発を続けていくと表明した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。