記事
  • ロイター
  • 2021年08月06日 12:20 (配信日時 08月06日 12:17)

午前の日経平均は小幅続伸、連休前の調整売りが重し


[東京 6日 ロイター] - 6日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比16円12銭高の2万7744円24銭となり、小幅に続伸した。朝方に安く始まった後、プラス圏に切り返したが上値は重く、前日終値を挟んだ動きとなった。米雇用統計の発表や国内の3連休を前にした週末で調整売りが出やすく、積極的にポジションをとる動きは限られた。 

前日の米国株式市場では、S&P総合500種とナスダック総合が終値ベースの最高値を更新した。米雇用統計の発表を控える中、新規失業保険申請件数が減少したことが好感された。好調となった一連の企業決算にも支援された。

東京市場で日経平均は、小安く始まったが切り返し、一時160円程度の上昇となる場面があった。その後は、徐々に上値が重くなり、前日終値付近での一進一退となった。

米フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が小幅に低下したことを受け、東京エレクトロンなどの半導体関連株が軟調に推移。指数寄与度の大きいファーストリテイリングとソフトバンクグループは、朝方に買いが先行したが、徐々に上値が重くなった。このところ上昇が目立っていた日本郵船などの海運株も、下落に転じた。

市場では「連休前のポジション調整が重しとなったが、決算発表は悪くない企業が多く、中長期の視点から安値を拾う動きもあった」(SBI証券の鈴木英之投資調査部長)との声が聞かれた。

前日に決算を発表した企業を中心に物色も進んだ。NTTデータ、バンダイナムコホールディングス、資生堂、コナミホールディングスやオリンパスなどが上昇し、指数を支えた。

TOPIXは0.10%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆3024億2500万円となった。東証33業種では、上昇率上位に精密機器、鉱業、石油・石炭製品などが並んだ。下落率トップは、任天堂の構成比が高いその他製品で、これに倉庫・運輸関連業、ゴム製品、海運業が続いた。

任天堂は前日、2021年4―6月期の営業減益や22年3月期の通期見通し据え置きを発表しており、一時約10%安と約1年ぶりの安値を付けた。

東証1部の騰落数は、値上がりが1001銘柄、値下がりが1031銘柄、変わらずが151銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  2. 2

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  5. 5

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  6. 6

    【会見全文】「アベノミクスは失敗だった、間違いなく」立民・枝野幸男代表が検証報告を発表

    BLOGOS しらべる部

    09月21日 12:14

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    NY市場が大荒れ 中国恒大集団の影響とアメリカそのものにも問題あり

    ヒロ

    09月21日 11:38

  9. 9

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  10. 10

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。