記事
  • ロイター
  • 2021年08月06日 10:25 (配信日時 08月06日 10:21)

中国から米国向けのコンテナ船運賃が2万ドル超え、過去最高値


[シンガポール/北京 5日 ロイター] - 中国から米国向けのコンテナ船運賃が、40フィートコンテナ1個当たり2万ドルを超え、最高値を更新した。米国の商戦期を前に小売業者からの注文が増加し、世界的なサプライチェーン(供給網)を圧迫している。

複数の国で新型コロナウイルスの感染拡大が加速し、コンテナの回転率が下がっている。

中国南部沿岸沖で7月下旬から今週にかけて台風が発生したことも影響している。

海運コンサルティング会社ドリューリーのマネジングディレクター、フィリップ・ダマス氏は「これらの要因により、世界のコンテナ輸送は大きく混乱し、供給不足の売り手市場になった。海運会社は通常の4─10倍の料金を課すことができる」と述べた。

また「こうした状況は30年以上起きていなかった」とし、極端な高値は2022年の旧正月まで続くとの見方を示した。

貨物情報会社フレイトスによると、中国から米東海岸向けのスポット運賃は今週、コンテナ1個当たり2万0804ドルを付け、1年前から500%超高騰した。7月27日時点では1万1000ドル弱だった。

中国から米西海岸向けは2万ドルを若干下回る水準、欧州向けは約1万4000ドルとなっている。

中国の港湾協会トップ、Ding Li氏はロイターに対し、他国で新型コロナが急拡大し、海外の一部主要港でコンテナの回転に約7─8日かかるようになったため、運賃が上昇したと述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。