記事
  • ロイター
  • 2021年08月06日 07:35 (配信日時 08月06日 07:29)

デルタ株、FRBのテーパリング計画に影響も=ミネアポリス連銀総裁


[5日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は5日、新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大によって労働市場の回復が遅れれば、連邦準備理事会(FRB)の量的緩和の縮小(テーパリング)計画に影響が生じる可能性があるとの認識を示した。

カシュカリ総裁はオンライン講演で「労働市場が秋に非常に堅調となれば」、雇用面でFRBがテーパリング開始の条件とする「さらなる著しい進展」を達成する可能性があると指摘。そのような結果に至ると「楽観視している」としつつも、デルタ変異株を巡る懸念が雇用の回復を遅延させる恐れもあると述べた。

デルタが原因で労働市場の回復が大幅に遅れた場合は「一歩引いて」、経済の進展や、量的緩和の継続が雇用回復を加速させる一助になるかどうかについて、再検証することになると述べた。

米国の現在の雇用水準はコロナ前の想定を依然、700万─900万人下回っている。エコノミストやFRB当局者の多くは、人々の職場復帰を阻んでいる保育サービスの不足や学校閉鎖、感染懸念、手厚い失業給付といった要因が今秋には薄れるか消滅し、より多くの人が仕事に復帰するとの見方を示してきた。

カシュカリ総裁は「全ての人にとって、デルタ変異株がこのように急拡大しているのは非常にいら立たしい」と指摘。「私は1カ月前、トンネルの先に光が見えており、正常化が可能だと、慎重ながら楽観視していた」と続けた。

しかしデルタ変異株が原因で、人と接触する業種で職場復帰が阻害され、子供が対面授業を受けられない状態が続くかもしれないと指摘、「先行きについては依然、不透明感が強い」と語った。

インフレ動向については、インフレの高まりの大半が少数のセクターに限定されており、経済活動がより正常化すれば、物価上昇には歯止めがかかる見通しとした。また、インフレの高まりがインフレ期待を押し上げている兆候は確認してないと述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  3. 3

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  4. 4

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  5. 5

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  8. 8

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  9. 9

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  10. 10

    河野太郎氏が自民党総裁選を前に意欲を示す「国民の皆さまと一緒に日本を前に進める」

    河野太郎

    09月28日 22:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。