記事
  • ロイター
  • 2021年08月06日 01:20 (配信日時 08月06日 02:15)

中国、年内にコロナワクチン20億回分を他国に提供へ=習主席

[北京 5日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は5日、2021年に20億回分の新型コロナウイルスワクチンを他国に提供するよう努めると述べた。中国国営の中国中央テレビ(CCTV)が報じた。

また、ワクチンの公平な供給を目的とした国際的な枠組み「COVAX」に1億ドルを寄付するという。

中国外務省の発表によると、中国は他国に7億7000万回分のワクチンを供給した。

中国の製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の尹衛東最高経営責任者(CEO)は、約9億回分のワクチンを供給することで海外20カ国と協力合意を締結したと指摘。中国以外にもインドネシア、ブラジル、トルコ、マレーシア、エジプトの提携企業がワクチン製造に参加するとしたが、ワクチンの配布時期に関しては言及しなかった。

また、シノバックは近い将来、変異株のデルタ株およびガンマ株に有効な2種類の新たなワクチンについて、各国の規制当局に臨床試験と緊急使用許可を申請する予定とした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  9. 9

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。