記事
  • ロイター
  • 2021年08月06日 00:50 (配信日時 08月06日 11:15)

バイデン氏、香港市民の米滞在延長を容認 中国の弾圧巡り


[ワシントン 5日 ロイター] - バイデン米大統領は5日、「外交政策上やむを得ない理由」があるとして、国土安全保障省に対し、現在米国に滞在している香港市民に最長18カ月の滞在延長を認めるよう指示した。

署名入りのメモで「昨年、中国は香港の自治に対する攻撃を続け、香港に残された民主的なプロセスや制度を損ない、学問の自由を制限し、報道の自由を取り締まった」と指摘。「香港で保証された自由を奪われた香港市民に安全な避難場所を提供することは、香港における米国の国益を高める。米国の香港市民への支援は揺るがない」と述べた。

政府高官によると、現在米国に滞在している香港市民の大半が対象となる見込みだが、重罪判決を受けたことがないなどの法的条件があるという。

ホワイトハウスは声明で、今回の措置によって「中国が香港や国際社会との約束を破ることを黙って見過ごすことはない」との米国の姿勢を明確にしたと発表した。

ブリンケン国務長官は、中国や香港の当局が選挙の実施を恣意的に遅らせ、議員を失脚させたり報道の自由を損ない、1万人以上を逮捕するなど「香港の制度の根幹を根本的に変えてしまった」と指摘。バイデン政権は同盟国と協力して中国に対抗していくと表明した。

英国のラーブ外相はツイッターで、米国の対応を歓迎すると投稿した。

在ワシントンの中国大使館の広報官は、香港の状況に関する米国の描写は「白と黒を混同している」と指摘。香港国家安全維持法(国安法)はより安全な環境を作り、自由を守っていると述べた。

その上で「このような動きは、事実を無視・わい曲し、中国の内政に大きく干渉するものだ」とし、米国の対応を批判した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  9. 9

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。