記事

コストの二極化が進む投信市場 - 前山 裕亮

1/2
2021年に入り米国の金融緩和の出口戦略や米長期金利の動向が注目されているが、投資環境自体は外国株式を中心に2020年から引き続き良好な状況が続いている。

国内株式は4月以降、やや上値の重い展開が続いているが、米国株式の主要指数が6月に史上最高値を更新するなど、外国株式は概ね堅調に推移している。さらに、国内外のREITも2020年は株式と比べて出遅れていたが、2021年は大きく上昇している。

そのような投資環境の中、2021年上半期(1月から6月)の国内での追加型株式投信(ETFを除く。以後、投信)の販売は、好調であった2020年以上に好調であった。2020年は投信市場全体に2兆2,000億円の資金流入があったが、2021年は上半期だけで2020年1年間の倍近くの4兆2,000億円の資金流入があった。

資産クラス別に2021年上半期の投信の資金動向をみると、2021年上半期に国内REIT投信への資金流入が止まり、外国REIT投信は資金流出に転じた【図表1】。

内外REITは2021年に入って前年の急落前以上の水準まで上昇し、戻り待ちをしていた投資家から売却が膨らんだためである。ただ、2020年に資金流出が大きかった国内株式投信や外国債券投信は2021年上半期も資金流出していたが、投資家の売却が一巡し、2020 年に比べると資金流出が緩やかだった。

そして、外国株式投信には2021年上半期に4兆2,000億円もの資金流入があり、2020年の流入金額3兆6,000億円を上回った。2021年上半期は投信販売全体が非常に好調ではあったが、実際に売れた投信はほぼ外国株式投信だけであったといって差し支えないだろう。

外国株式投信の中では、いわゆるアクティブ型への資金流入が2021年上半期に3兆1,000億円と2020年の2兆6,000億円の資金流入から既に5,000億円も増加している。アクティブ型ほどではないが、インデックス型にもこの上半期に1兆1,000億円の資金流入があり、半年で2020年の1兆円を上回る資金流入があった。



このように2021年上半期は、タイプによらず外国株式投信がよく売れたといえるが、信託報酬別に分けて資金流出入をみると、アクティブ型とインデックス型で売れた投信の傾向が大きく異なっていることが分かる【図表2】。

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。