記事
  • ロイター
  • 2021年08月05日 16:55 (配信日時 08月05日 16:50)

資生堂、上期で営業益進捗率85% コロナ不透明で通期据え置き

[東京 5日 ロイター] - 資生堂は5日、2021年1―6月期の連結営業利益が230億円になったと発表した。前年同期の34億円の赤字から黒字転換した。通期見通しは270億円で進捗率は85%に達しているが、国内外での新型コロナウイルス感染拡大の先行きが不透明なことから、通期見通しは据え置いた。

1―6月期は、売上高・営業利益ともに会社側の想定を上回ったという。日本は、緊急事態宣言などで厳しい状況が続いたが、コロナから回復してきた欧米や中国がカバーした。

ただ、足元では、日本だけでなく、欧米などでもデルタ型の拡大がみられる。魚谷雅彦社長は会見で「1カ月前の決算発表ならば、こうは考えなかった」と述べ、コロナ感染拡大の先行きが不透明となったことで、通期の業績予想を据え置いたと説明した。

2021年12月通期の営業利益は270億円(前年比80.4%増)、純利益は355億円(前年は117億円の赤字)の見通し。IBESがまとめたアナリスト17人の通期営業利益の予想平均は510億円。通期見通しについては「外部環境や市場動向を慎重に見極め、改めて開示する」としている。

1―6月期の純損益は172億円の赤字になった。「ドルチェ&ガッバーナ」のグローバルライセンス契約終了に伴う特別損失339億円など構造改革費用を計上した。純損失は、前年同期の213億円からは縮小した。

同社では、構造改革等を除く既存ビジネスベースでは、246億円の黒字だったとしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。