記事

イスラム教徒にとっての1カ月にわたる断食が「修行ではなくお楽しみ」なワケ

1/2

イスラム教には1カ月にわたり断食を行う「断食月」がある。つらくないのか。宗教学者の島田裕巳さんは「断食のとらえ方が日本人とはまるで違う。終了後にはいつもより豪華なご馳走を食べられるので、楽しみにしているほどだ」という――。(第1回/全3回)

※本稿は、島田裕巳『宗教別おもてなしマニュアル』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Rawpixel

日本における断食は「苦行」

日本でも断食を実践する人は少なくない。

健康法として断食を試みる人たちがいる。各地には、断食を実践する断食道場があり、ダイエットの方法としても人気を集めている。

こうしたことは日本だけではなく、各国で行われている。断食の効果についての研究も、さまざまに行われている。

だが、日本の場合にも、断食はたんに病気の療法、健康法としてだけではなく、宗教的な修行として実践されてきた。

食を断つことによって、欲望から離れ、精神を鍛えようというわけである。

信仰にもとづく断食としてもっとも過酷なのは、天台宗の総本山である比叡山延暦寺に伝わる「千日回峰行」のなかに含まれるものだろう。

それは「堂入り」と呼ばれ、5年700日にわたる回峰行を終えた行者は、足掛け9日間にわたって断食・断水・不眠・不臥の行に入る。

行者は、その間、お堂のなかで不動明王の真言を唱え続けるが、一日に一度だけ、仏に供える水を汲むために外へ出る。

最初はすぐに戻ってくることができるが、日を追うにつれ、歩く速度がゆっくりになり、からだは痩せこけていく。

日本では、断食は、長く続ければ続けるほど好ましいと考えられている。長く続けることで、空腹に耐える精神力が養われる。日本では、断食はそのように苦行の一つとされている。

イスラム教に「修行」という観念はない

それに対して、イスラム教徒は、断食を修行としてとらえてはいない。

そもそも、イスラム教には修行という観念がない。すべては神が定めたものなのだから、それを人間が変えることはできない。修行は、自分の力によってその人の状態や運命を変えていこうとする試みであり、イスラム教の信仰にはそぐわないのだ。

イスラム教徒が断食を行う上でもっとも重要視するのが、それをはじめる時刻と、それを終える時刻である。だからこそ、私たちはピザ店の前で断食明けの時刻を待たなければならなかった。断食をはじめる時刻も、それを終える時刻も、いずれも神が定めたもので、イスラム教徒はその時刻を守るのだ。

それは礼拝についても言える。

礼拝は1日5回行われるものだが、それぞれ時刻が定められている。たんに、1日に5回行えばいいというものではない。その5回のアラビア語と、時刻をあげれば、次のようになる。

ファジュル 夜明け前
ズフル 正午
アスル 午後
マグリブ 日没
イシャー 夜半

これに忠実に従うならば、イスラム教徒は毎日早起きをしなければならないことになる。

イスラム教の国なら、ファジュルの時刻になると、モスクから礼拝を呼びかける「アザーン」が聞こえてくる。アザーンは、神は偉大なりを意味する「アッラーフ・アクバル」を4回くり返すことからはじまる。

東京ジャーミイのイマームにインタビューしたとき、彼は夜明け前に起きて、東京ジャーミイに来て礼拝を行うが、その後は、また自宅に戻り、もう一度寝ると言っていた。

重要なのは「礼拝の時刻」

現在では、インターネット上には、毎日の礼拝の時刻が掲載されている。地域によってその時刻は異なるので、それは地域別になっている。

たとえば、2020年1月20日の東京における礼拝の時刻は次のようになっていた。

ファジュル 午前5時17分
ズフル 午前11時52分
アスル 午後2時36分
マグリブ 午後4時56分
イシャー 午後6時26分

ただ、何かの都合で礼拝ができなかったときには、2回の礼拝をまとめてやることもある。

『ハディース』にある「礼拝の時刻」の章では、神のことばとして、「礼拝というものは、一定の時をもってすべての信者に課せられた義務である」とある(『ハディースⅠ イスラーム伝承集成』)。

礼拝については、時刻が重要なのだ。だからこそ、千鳥ヶ淵の花見の際に、礼拝するイスラム教徒の女性を見かけたわけである。

礼拝を行う「方角」が定められている

もう一つ、重要なのが方角である。

礼拝を行うとき、どちらに向いてそれを行うのか、方角が定められている。メッカのカーバ神殿の方を向いて行うわけで、その方角のことは「キブラ」と呼ばれる。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/afby71

モスクには、東京ジャーミイももちろんそうだが、キブラを示す窪みが作られている。それは、「ミフラーブ」と呼ばれる。モスクに集まったイスラム教徒は、ミフラーブに向かって礼拝を行う。

イスラム教では、毎週金曜日が集団礼拝の日と定められている。金曜日には、5回の礼拝のうち1回はモスクで行うことが推奨されている。もちろん、そのときだけではなく、いつでもモスクに行って礼拝はできる。

イスラム教が誕生した最初の段階では、礼拝はエルサレムの方角に向かって行われていた。それは、イスラム教が大きな影響を受けたユダヤ教にならってのことである。

ところが、イスラム教が広がりを見せ、ユダヤ教と対立するようになると、ムハンマドは、礼拝の方角をエルサレムからメッカに変更した。それ以来、全世界のイスラム教徒はメッカを向いて礼拝を行うようになった。モスク以外のところで礼拝を行うときにも、メッカの方角を目処にして行う。

「断食の時間は長いほうがいい」という考え方はない

2007年に、イスラム教徒のマレーシア人がロシアの宇宙船ソユーズで宇宙飛行をすることになった。

超高速で飛行する宇宙船のなかで、どのように礼拝を行うのか、それがそのとき問題になった。どのような形で、この問題に決着がつけられたかは、本書の6章で述べることにするが、たしかにそれは難問である。しかも、宇宙飛行をしているときは、ちょうど断食月にあたっていた。

礼拝について重要なのは時刻と方角である。断食の場合には、方角はかかわってこないが、時刻が重要な意味を持つ。

断食の時間は、日の出から日没と定められているので、日の出前なら食事をすることができる。そのため、断食月のイスラム教徒は朝、いつもより早く起きて、食事をする。そして、断食の終了時刻が来れば、おもむろに食事をはじめるのである。

そこには、断食を続ける時間はできるだけ長い方がいいという考え方はまるでない。むしろ、守られなければならないのは、神が定めた開始と終了の時刻である。同じ断食でも、日本人とはとらえ方がまるで違うのだ。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Wako Megumi

あわせて読みたい

「イスラム教」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  3. 3

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  4. 4

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  5. 5

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  6. 6

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  7. 7

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  8. 8

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  9. 9

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  10. 10

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。