記事

オリンピックは誰のもの?

1/2

先日、昼食で街中のネパール料理店に入りました。最初に入ろうとした店は潰れていました。先月までは開いていたのですが。さて、客は私だけだったのですが、店内のテレビではオリンピックをやっておりました。オリンピックは見るつもりもなかったのですが、店員たちも眼をやる様子もない。そのうち、私以外の客、おそらくネパール女性2人が入ってきました。店員たちと会話を始めましたが、やはりテレビに目をやることはありませんでした。

誰も目をやらないテレビからアナウンサーの絶叫が聞こえる、というシュールな状況に、ふと考えることがありました。

この店の店員たちをはじめとする在留外国人*1にとって、東京オリンピック、は何なのだろう。彼らは、このオリンピックだらけのテレビを見ることはあるのだろうか。そもそも、見て楽しめるのだろうか。

在留外国人の人口は、約290万人(2021年3月末時点)だそうです。すでに人口の約5%に達します。

令和2年末現在における在留外国人数について
http://www.moj.go.jp/isa/publications/press/13_00014.html

それほど彼らの存在を必要としながら、しかし、その存在割合に比べると不思議なくらい不可視化されています。彼らを社会の成員として認める様子もありません。彼らの存在など視野にない、というのは、オリンピック番組にも現れています。それは、スポーツの素晴らしさを見せるものではなく、ただただ、“スゴイ日本(日本人選手)!”を称揚するだけになっているわけですから。日本人選手の出ない(もしくは上位成績が狙えない)競技は無視されています。そこにスポーツを楽しむ様子など見えません。アスリートや競技の魅力を中心にしたら、在留外国人にとっても楽しめるものになるでしょう。しかし、ひたすら日本人選手の応援、に過ぎないとしたら、彼らの興味を引くことは出来ないでしょう。

IOCは「多様性の尊重」を掲げ、そして、開会式(私は見ませんでしたが)では「多様性」の押し売り状況にあったと聞きます。なのに、テレビ報道はベーシックな多様性、多国籍の人々、への配慮など微塵ほども考えなかった、というわけです。いかにも日本らしい光景です。

今回のオリンピックは今まで糊塗してきた内実を見せ付けるものとなりました。これでも、オリンピックはやってよかった、で終わるのでしょうかね。それは誰にとってよかった、のでしょうか。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

  10. 10

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。