記事
  • ロイター
  • 2021年08月05日 08:20 (配信日時 08月05日 08:13)

デルタ変異株、米州で感染拡大 汎米保健機構「非常に憂慮」


[メキシコ市 4日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)は4日、新型コロナウイルスの変異株「デルタ」について、米州の約20カ国に感染が広がっており、「非常に憂慮される」との見解を示した。

また、別の変異株「ラムダ」について注視していることも明らかにした。

PAHOのエティエンヌ事務局長は、米国や中南米・カリブ諸国におけるデルタ株感染の拡大に対し、各国政府はマスク着用などの予防措置を優先し、特にワクチンの接種ペースを加速させるべきだと強調。

記者団に対し「デルタ型では感染がより容易に広がるとみられ、憂慮される。気を緩めている余裕はない」と語った。

中南米・カリブ諸国でワクチン接種を完了した人の割合は現時点でわずか18%にとどまっているという。

また、新型コロナの感染拡大は北米(特に米南部や東部)とメキシコ中部の一部で加速していると指摘。

グアテマラ、ブラジル、キューバでも新規感染者が増加していると述べた。

PAHOの新型コロナ・インシデントマネジャー、シルバン・アルディギエーリ氏は、米州では「アルファ」「ガンマ」といった変異株への感染例が依然として多いものの、アルゼンチンやペルー、チリ、エクアドルなど深刻な打撃を受けている南米諸国で最近ラムダ型が検出されていると指摘。

「ラムダはわれわれが関心を持っている変異株で、デルタは極めて憂慮すべき変異株だ」と語った。

ラムダについては、感染能力が高い可能性はあるが、現時点では症状を重症化させるリスクが高いと推測できる証拠がないとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  10. 10

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。