記事
  • ロイター
  • 2021年08月05日 04:25 (配信日時 08月05日 04:21)

FRB、緩和縮小近く着手すべき 段階的に実施=ダラス連銀総裁


[4日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は4日、連邦準備理事会(FRB)はテーパリング(量的緩和の縮小)に「近く」着手する必要があるとし、そうすることにで利上げに「忍耐強く」対処するための柔軟性が増すとの考えを示した。

カプラン総裁はロイターのインタビューに対し「7月と8月の雇用統計で進展が続けば、近く量的緩和の縮小に着手するのが得策だ」とし、「プラスマイナス」約8カ月という時間枠で段階的に実施することで、FRBが「フェデラル・ファンド(FF)金利に対し最大限忍耐強く、柔軟的に対応する」一助になると述べた。

その上で、政策金利と量的緩和の議論を切り離す必要があるとし、「私の発言は、FF金利(の誘導目標)を巡り一段と積極的になる意向があることを示すものではない」と語った。

カプラン総裁は6月、FRBは2022年に利上げを開始する必要がある可能性があると発言。この日のインタビューでは、9月21─22日の連邦公開市場委員会(FOMC)で公表される新たな金利・経済見通しで同様の見通しを示すかどうかは分からないとし、景気情勢次第になると述べるにとどめた。

FRBの現在の毎月の資産買い入れペースは、国債が800億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)が400億ドル。カプラン総裁は、毎月の買い入れ額について、国債を100億ドル、MBSを50億ドル縮小することが考えられると述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。