記事
  • ロイター
  • 2021年08月04日 08:50 (配信日時 08月04日 08:43)

米アムジェン、第2四半期は5%増収 コロナが下半期売上高に影響


[3日 ロイター] - 米バイオ医薬品大手・アムジェンが3日に発表した第2・四半期決算は、売上高が5%増加した。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が2021年の残りの期間の売上高に影響を及ぼすとの見通しを示した。

同社は声明で、パンデミックにより「治療を開始する新規患者の数が抑えられている」と説明した。

さらに、ジェネリック医薬品(後発薬)やバイオ後続品(バイオシミラー)との競争激化が引き続き感染症治療薬などの純販売価格を圧迫するとの見方を示した。

第2・四半期の調整後1株当たり利益は、前年比4%増の4.38ドル。自社株買いが利益を押し上げた。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の4.10ドルを上回った。

売上高は65億ドルで、アナリスト予想と一致した。純販売価格が5%下落したが、販売数量は8%増加した。

通年の調整後1株当たり利益は16─17ドル、売上高は258億─266億ドルになると引き続き予想している。

一方、通年の1株当たり純利益予想は8.84─9.90ドルとし、従来の9.11─10.71ドルから引き下げた。また、自社株買いの規模はこれまで想定していた30億─50億ドルの上限近辺になるとの見通しを示した。

ジェフェリーズのアナリスト、マイケル・イー氏は「同社が通常、下半期の業績見通しを引き上げることを踏まえると、これは懸念事項だ」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。