記事
  • ロイター
  • 2021年08月03日 23:35 (配信日時 08月03日 23:27)

イーライリリー、第2四半期利益が予想下回る コロナ抗体薬の販売不振

[3日 ロイター] - 米医薬品大手イーライリリーが3日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想に届かなかった。新型コロナウイルスの抗体治療薬の販売が振るわなかった。同社はコロナ抗体治療薬の通期売上高見通しを、当初の10億─15億ドルから11億ドルに修正した。

株価は午前の取引で2%高。

四半期のコロナ抗体治療薬の売上高は1億4890万ドル。前四半期は8億1010万ドルだった。米厚生省は6月、コロナ抗体治療薬「バムラニビマブ」および「エテセビマブ」の併用療法について、ブラジルと南アフリカで最初に確認された変異株に対して有効性を示さなかったことが実験室分析で判明したため、配布を一時停止したと発表した。

一方、糖尿病治療薬「トルリシティ」の売上高は25%増の15億4000万ドルと、ほぼ予想通りだった。

純利益は13億9000万ドルと、前年同期の14億1000万ドルから減少。特別項目を除く1株利益は1.87ドルと、リフィニティブのアナリスト予想平均である1.89ドルを下回った。

同社のアルツハイマー病治療薬「ドナネマブ」は米食品医薬品局(FDA)によって画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)に指定されており、同社は年内の販売承認申請を目指している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。