記事
  • ロイター
  • 2021年08月03日 20:20 (配信日時 08月03日 20:16)

米経済、不安定なレジームに突入した可能性=セントルイス連銀総裁


[ワシントン 3日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、新型コロナウイルスの流行により、米経済が不安定な時代に突入した可能性があると指摘、景気が拡大し、生産性が高まる一方、金利が上昇し、インフレが進行する可能性があるため、危機対応策を終了すべきだとの認識を示した。

2日にロイターとのインタビューで述べた。

総裁は5年前、米国が低成長・低生産性・低インフレの局面に陥っていると発言していたが、現在は、新しい「体制(レジーム)」が到来した可能性があり、連邦準備理事会(FRB)が変化の速さとショックの頻発に対応する必要があると考え始めていると述べた。

総裁は、新型コロナが流行する以前は、10年以上にわたって「経済成長率が低く、あまり変動はなかった。インフレ率も、それに足並みを揃える形で低く、あまり変動はなかった」と指摘。

「こうした環境は、世界の均衡が崩れた環境とは非常に異なる。反響は今後も続き、これまで見慣れていたよりもはるかに高いボラティリティーに直面するだろう」と述べた。

総裁は、こうした新しいレジームのメリットについて、生産性が向上し、米経済成長と賃金上昇が加速する可能性があると指摘。一方、インフレが進行するリスクがあり、物価圧力が自然に弱まり、金融緩和政策を継続できるというFRBの現在の予想が外れる恐れがあるとの見方を示した。

総裁は「海外諸国の景気が回復するにつれ、長期にわたる根強い影響が出てくるだろう。どこも不足とボトルネックだらけだ。欧州は今後数四半期で成長が加速する可能性が高い」とし「企業はまだコロナ後の世界への調整を続けている。多くのことが、われわれの慣れていないペースで起きている」と述べた。

総裁は、こうした状況では「金融政策の敏捷性を高める必要がある」と主張。

自身が量的緩和の終了で早期の行動を呼び掛けているのは、早期に小刻みな対策を講じるためであり、後になって「慌てて」行動する必要が生じるリスクを冒すべきではないからだと述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  3. 3

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  4. 4

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  8. 8

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  9. 9

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  10. 10

    家にある本の冊数が学力に影響 国語以外の教科でも正答率が高い理由とは

    ベネッセ 教育情報サイト

    09月28日 10:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。