記事
  • 女性自身
  • 2021年08月03日 21:49 (配信日時 08月03日 19:55)

ビル・ゲイツ夫妻の離婚が成立…約14兆円の財産の行方は

(写真:AP/アフロ)

米国時間の8月2日、ビル・ゲイツ氏(65)とメリンダ・フレンチ・ゲイツ氏(56)の離婚がワシントン州キング郡裁判所に認められ、2人は27年間の結婚生活にピリオドを打った。NBCなど複数の米主要メディアが報じている。

今年5月、メリンダ氏側から「夫婦の関係はこれ以上ないほど破綻している」として離婚を申請。夫妻は共同で「今後の人生において、共に成長できるとはもはや思えない」と声明を出し、既に修復不可能であると明らかにしていた。

TMZが報じている法廷文書によると、双方とも扶養料は請求せず、メリンダ氏は今後もゲイツ姓を名乗る。婚前契約は交わしていなかったが、離婚申請後の話し合いで合意した取り決めに従い、1,300億ドル(約14兆円)の財産は分割され、メリンダ氏は650億ドル(約7兆円)以上の和解金を手にするという。3人の子どもたちは全員成人済みであるため、養育費や親権などの問題は発生しなかった。

New York Daily Newsによると、メリンダ氏は2019年には既に離婚弁護士と会っていたという。ゲイツ氏は慈善活動により多くの時間を割くためという理由で、自身が創業したマイクロソフト社とバークシャー・ハサウェイ社の取締役から退いていた。しかし実際は、女性従業員との不適切な関係を巡って退任を迫られていたと、TMZなどが伝えている。

NBCの報道によれば、慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の仕事は双方ともこれまで通り続けるとしているが、2年後に状況を見直し、関係の悪化が原因でそれぞれの役割を果たすことができないと判断される場合は、メリンダ氏は解任されるという。

あわせて読みたい

「ビル・ゲイツ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  8. 8

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  9. 9

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  10. 10

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。