記事
  • ロイター
  • 2021年08月03日 18:25 (配信日時 08月03日 18:23)

インタビュー:病床の逼迫厳しい状況、即時病床の確保が必要=昭和大学病院長


[東京 3日 ロイター] - 昭和大学病院の相良博典病院長はロイターのインタビューで、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加を続ける中、入院が必要な中等症の患者が入院できないなど、東京都内の病床逼迫状況はかなり厳しいとの認識を示した。喫緊の課題は発症した患者を即時に受け入れられる「即時病床」だが、東京はゼロに近い状況だとの見方を示した。

相良院長は昭和大学病院の病床について「かなり厳しい状況になっている。重症患者が非常に多く入っているし、中等症以下で入院しなければならない患者が入院できないくらい」とし、都内の医療機関はどこも同じような状況になっていると話した。

これ以上コロナの患者が増えてくると、手術件数をある程度制御したり、他の病気の患者の受け入れを止めて病床を確保しなくてはいけないという段階に入りつつある、という。

東京都は、都内の病院にコロナに対応できる病床の確保を要請しているが、相良院長は、喫緊の課題は発症した患者を即時に受け入れられる「即時病床」をいかに増やしていくかだと指摘。現在、東京における即時病床数は「おそらく多分ゼロに近い状況」との見方を示した。

同院長は、高齢者の間でワクチン接種が進み、感染者が減っていることは効果として評価できるとしながら、「ワクチンを接種すれば大丈夫だというのは間違っている」と警告する。

昭和大学病院では、患者の3割程度はワクチンを接種しても感染しているという。ワクチン接種当初は抗体が高いので感染しにくいが、時間が経てばい抗体は下がっていく。同院長は「抗体の持続する期間は、それほど長くないのではないかという印象を持っている」と話した。このため、日本でも一部の国のように、もう1回ワクチン接種する必要が出てくる可能性もあるという。

オリンピック関係者の感染はそれほど多くないものの、開催期間中に人流が増えることが感染拡大につながると指摘、「結局オリンピックやったけど医療崩壊が起こってしまったとならないようにしなくてはいけない。感染者がこれ以上増えるようなことがあったら、やはりどういうことにしろ、失敗になったんじゃないかと言われる」と懸念を示した。

※インタビューは2日に行いました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。