記事
  • ロイター
  • 2021年08月03日 17:35 (配信日時 08月03日 17:26)

日本製鉄、通期事業益を前期比5.5倍に上方修正 海外事業が押し上げ


[東京 3日 ロイター] - 日本製鉄は3日、2022年3月期(国際会計基準)の連結純利益予想を2400億円から3700億円(前期は324億円の赤字)に上方修正した。鋼材価格の改善やインドや北米などの海外グループ会社の損益好転が寄与している。本業のもうけを示す事業利益も4500億円から6000億円(前期は1100億円)へと、前期比約5.5倍に引き上げた。事業利益や純利益は、2014年度に記録した経営統合後の最高益を更新する。

IBESがまとめたアナリスト8人の通期純利益の予想平均は2628億円で、会社計画はこれを大きく上回っている。

業績上方修正は、販売価格の改善や在庫評価差、海外グループ会社の好調などが要因。森高弘副社長は会見で「新型コロナからの回復により、粗鋼生産や出荷が製造業を中心に改善している」と述べた。下期に向けては、製造業に加えて、建設でも戻りが期待できるという。

森副社長は「非常に良い決算」と評価しながらも、鉄鋼メーカーと最終的なユーザーが直接価格交渉をして決める「ひも付き価格」の決着が遅れていることを懸念材料として挙げ「是正されなければ安定供給に責任が持てない」と、価格引き上げの必要性を強く訴えた。

これまで未定としていた中間配当は、1株55円(前期実績はゼロ)とする予定。中間配当として過去最高となる。

通期の単独粗鋼生産見通しは4000万トンを据え置いた。前期は3300万トンだった。

21年4―6月期の純利益は1621億円(前年同期は420億円の赤字)となった。前年同期に比べて単独粗鋼生産は298万トン増加し、鋼材価格は1トンたり1万1300円改善した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  10. 10

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。