記事
  • ロイター
  • 2021年08月03日 12:05 (配信日時 08月03日 11:59)

午前の日経平均は反落、米景気減速や感染拡大への警戒感が重し


[東京 3日 ロイター] - 3日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比221円76銭安の2万7559円26銭となり、反落した。米景気減速や新型コロナウイルスの感染拡大、中国株の軟調な動きなどへの警戒感が重しとなって、朝方に安く始まった後も、景気敏感株などで上値の重い展開が続いた。 

前日の米国株式市場では、ダウ工業株30種とS&P総合500種が小幅に下落して取引を終えた。新型コロナウイルス変異株「デルタ」や米経済鈍化を巡る懸念が重しとなった。米供給管理協会(ISM)が発表した7月の製造業景気指数は59.5と、引き続き景気拡大・縮小の節目となる50を超えたが、2カ月連続で鈍化した。

東京市場は反落で始まり、いったん下げ幅を縮小する場面もあったが、戻り売りが上値を押さえた。米景気減速や円高への警戒感のほか、上海、香港市場の軟調な動きも投資家心理の重しとなった。

国内感染拡大の動きも引き続き重しとなり、外食や百貨店、空運、鉄道、不動産などは弱い値動きとなった。市場では「内需系は手を出しにくい。外国人投資家の買いが乏しく、指数が持ち直したところでは売られやすい」(内藤証券の田部井美彦投資調査部長)との声が聞かれた。

TOPIXは0.70%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0224億0100万円で盛り上がりを欠いた。東証33業種では、29業種が下落。下落率上位には空運業、鉱業、鉄鋼、石油・石炭製品が並んだ。上昇したのは海運業、精密機器など4業種だった。

AGCや荏原製作所など好業績銘柄への個別物色がみられたほか、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の小幅高を支えにアドバンテストやレーザーテックなど半導体関連の一角も買われた。トヨタ自動車は小幅高で1万円台を維持した。

指数寄与度が大きいファーストリテイリングやソフトバンクグループは下落。ネクソンやファナックも安い。

東証1部の騰落数は、値上がりが550銘柄、値下がりが1525銘柄、変わらずが111銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    「ユニクロ=格好いいから選ばれるブランド」 英国ファッション業界で人気に

    小林恭子

    09月28日 11:51

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  10. 10

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。