記事

コオロギが「スーパーフード」として流行中 ハリウッドセレブも実践

巷に出回るコオロギフードの一部。ネットや大手小売り店で簡単に入手できるようになったこともブームの一因に(撮影/横田紋子)

「お取り寄せして、家でよく食べてます」「おいしい。深い味わい。くさみも何もないし、香ばしい。えびのスープ(みたい)」──。これまで『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)や『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)で「コオロギラーメン」への愛を明かしているのは、女優の長澤まさみ(34才)。草なぎ剛(47才)も自身のYouTubeチャンネルで、ローストされたコオロギスナックをパクパクと口に運びながら、「これ、全然うまいよ!」と絶賛している。

【写真】薄い布を頭からかぶり、化粧控えめでナチュラルなアンジェリーナ・ジョリー「食べすぎて心配」

 彼らは“ゲテモノ食い”をアピールしているわけではない。「次世代のスーパーフード」といわれるコオロギに惹かれて食べているのだ。

大手企業も続々参入。コオロギフードが大流行

 実はいま、巷ではコオロギフードが一大ブーム。前出のラーメンとスナックのほかにも、せんべいやクッキー、パスタ、しょうゆ、佃煮、プロテインバー、パン……など、新商品が次々と発売されている状況だ。大手企業も続々と参入し、そのブームに拍車をかけている。

 たとえば、無印良品を運営する良品計画では、2020年5月に『コオロギせんべい』をネットストア限定商品として発売したところ、短時間で完売。その後増産し、現在は一部実店舗でも販売されているが、いまなお早期に売り切れる状態が続いている。

 また敷島製パンでは、2020年12月からPascoのオンラインショップ限定で『コオロギのフィナンシェ』と『コオロギのバゲット』を、今年7月からは『コオロギの食育パンキット』を販売している。

 ドン・キホーテやヴィレッジヴァンガードなど大手小売店でも、2017年頃から昆虫食の取り扱いをスタートさせている。カルチャー発信スポットとされる渋谷パルコ(東京)でも、2019年11月にグランドオープンした際に、昆虫を扱うレストラン『米とサーカス』がテナント入店し、大きな話題を集めた。

FAOで推奨される昆虫食。欧米ではニュースタンダードに

 海外に目をみやると、ハリウッドセレブたちは一足先に、ニュースタンダードとしてコオロギ食を受け入れている。特にアンジェリーナ・ジョリー(46才)は、2017年の『BBCワールドニュース』生放送中に、クモやサソリ、コオロギなどを使った料理や食べ方までを自身の6人の子供たちに披露。「飢えに苦しんだとき、人間はこうして生き延びていた」と昆虫食への深い理解を示したほか、自宅でもコオロギを箱買いして、ポテトチップス感覚で食べていることを明かしている。

 また、ニコール・キッドマン(54才)も、2018年に公開された『VOGUE』動画内で、コオロギやバッタ、イモムシ、ミールワームなど昆虫フルコースを完食してみせた。

 実はこれら昆虫食は、国連食糧農業機関(FAO)が2003年から普及に取り組んできた、お墨付きの食材だ。

 もともと、東南アジアを中心に、昆虫を常食しているのは世界で約20億人いるといわれているが、2050年には、危機に瀕する人口が100億人に達すると推測される世界の食糧難に対応できる食材として、EU諸国やフィンランド、英米加でもブームが巻き起こっている。多大な影響力を持つハリウッド女優が昆虫を食べるのも、そうした啓蒙活動のひとつといえなくもなさそうだ。

 ただ、それでも疑問は残る。日本でも長野県や群馬県など、昆虫を食べる地域があるとはいえ、いまだ「昆虫=ゲテモノ食い」という認識がある。なのに、この2年でコオロギブームは突如訪れた。それはなぜか?

コロナ禍でますます日本人の意識がサステナブルへ

 コオロギ研究の第一人者で、『最強の食材 コオロギフードが地球を救う』を上梓した徳島大学長の野地澄晴さんは、こう話す。

「パンデミックを経験している最中ですが、歴史的には何度も人類はパンデミックを経験しています。まさに、忘れた頃にやってくるのです。その意味で、もう1つ対策が必要な課題が、食料不足です。地球の人口増加により、食料不足、特にたんぱく質が不足します。ワクチンは待てても、食料は毎日必要なので、不足すると直接命にかかわります。

 巣ごもり状態で、生きるということ、食べるということ、そして環境問題の重要さを感じた人が多かったのではないでしょうか。サステナブルな暮らしが少し意識され始めたといってもいいかもしれません。だから、さまざまな問題をクリアするスーパーフードのコオロギに注目が集まっているのだと思います」

 これを“ムシ”するなんてあり得ない?

取材・文/辻本幸路

※女性セブン2021年8月12日号

あわせて読みたい

「昆虫食」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  8. 8

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  9. 9

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  10. 10

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。