記事
  • ロイター
  • 2021年08月02日 08:05 (配信日時 08月02日 08:04)

米国、中銀デジタル通貨の開発急ぐべき=ブレイナードFRB理事


[30日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は30日、米国が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発を急ぐさまざまな理由があると主張、中国など他の諸国が開発を進めていると述べた。

同理事はアスペン・インスティテュート・エコノミック・ストラテジー・グループ向けの講演で「ドルは国際決済で非常に支配的な存在であり、他の主要国がデジタル通貨、CBDCを提供しているのに、米国にはないという状況は、私には全く理解できない」と発言。「今後もそうした状態を維持できるとは思えない」と述べた。

FRBは現在、デジタル決済について詳細な分析を進めており、パウエル議長は7月、CBDC発行の是非について早期に決断する上で、そうした分析が重要なステップになると述べている。

同理事は「最も説得力のある使用事例は、仲介チェーンが不透明で、長く、割高な海外の領域にある」と指摘。

ただ、国内でも連邦政府が支援するデジタル通貨を導入する理由があるとし、「ステーブルコイン」の急増に触れた。ステーブルコインは、ドルなどの従来型通貨を裏付けとするが、政府の裏付けはない。

同理事は、ステーブルコインが乱立し、決済システムが分断されたり、1-2のステーブルコインが支配的な存在となる可能性があると指摘。

いずれのケースでも「ステーブルコインの世界では、通貨からの移行が極めて急激な場合、家計と企業が、政府の裏付けのある安全な決済資産へのアクセスを失うことが想像できる。もちろん、政府の裏付けのある安全な決済資産とは、通貨が常に提供してきたものだ」と述べた。

同理事は、CBDCについて、他の問題を解決する助けにもなると発言。新型コロナウイルスの流行時に、銀行口座を保有していない人々に対し、政府の給付金を支給するのが難しいという問題を挙げた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    「ユニクロ=格好いいから選ばれるブランド」 英国ファッション業界で人気に

    小林恭子

    09月28日 11:51

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  10. 10

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。