記事

日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

今秋発売予定の日産「ノートオーラ」

 9年半ぶりのフルモデルチェンジとなったトヨタ自動車の小型ハイブリッドカー「アクア」が早くも注目の的になっているが、ライバル車も決して負けてはいない。日産自動車は昨年末に主力コンパクトの「ノート」をハイブリッド専用車に進化させ、今秋には派生プレミアムモデル「ノートオーラ」を発売する。果たしてノートオーラはどこまで売れるのか──。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

【写真】ノートvsアクア

 * * *

 日産は6月15日、この秋に発売予定の新型モデルを発表しました。それが「ノートオーラ」です。名前からも推測できるように、昨年11月に新型となった「ノート」をベースとした派生モデルとなります。

 ノートは2017年のコンパクトセグメント1位、2018年暦年の登録車ナンバー1を獲得した大ヒットモデルで、日産を支える重要なコンパクトカーです。

 昨年のフルモデルチェンジで、安価なエンジン車ラインナップがなくなり、ハイブリッドの専用車種となりました。サイズは小さいながらも、ちょっと良いクルマという雰囲気が強くなりました。ライバルとなるのは、トヨタの「アクア」です。

隅々まで磨き上げた「ノートオーラ」

 そんなノートの派生モデルとなるノートオーラは、どのようなクルマなのでしょうか。ひと言で表現すれば「ノートよりもさらに上質」。日産は「プレミアムコンパクトカー」と言い切ります。

 具体的なノートとの違いを挙げれば、エクステリアからインテリア、装備類、そしてパワートレインの出力アップまで、幅広い変更が行われています。

 エクステリアで言えば、ボディが40㎜ワイド化されており、タイヤが1インチアップの17インチとなりました。フロントグリルのデザインが変更されており、超薄型LEDヘッドライトなどの灯火類も変わっています。前席ドアの窓にラミネートガラスを採用しているため、室内の静粛性も向上しています。

 インテリアの違いは、フルカラーとなったメーターの12.3インチディスプレイをはじめ、本革ステアリング、杢目調パネル、ツイード調織物の内装材などを採用。ツイードと本革3層構造のシート、BOSEパーソナルプラスサウンドシステムも用意されています。

 パワートレインは、駆動用モーターの最大出力をノートよりも18%アップ、トルクを7%アップし、最高出力100kW(136馬力)・最大トルク300Nmとしています。

“プレミアム”を謳うべく、ノートの隅々まで磨き上げられているというわけです。ちなみに価格は、261万300円~295万7900円。ノートよりも40~50万円ほどのプライスアップとなります。内容を考えれば、納得というか割安感さえある価格ではないでしょうか。

中高年にばかり人気のワケ

 そんなノートオーラは、果たしてどれだけ売れるのでしょうか。いまのところ未知数ですが、ひとつだけ確実に分かることがあります。それは「ユーザーが中高年中心になるだろう」ということです。

 どうしてかといえば、ベースとなるノートの購入者が中高年ばかりであったから。昨年にデビューした新型ノートの購入者のうち約7割が50代以上だったのです。ざっくり言えば、50代が2割、60代が3割、70代以上が2割。そのほとんどが中高年だったと言ってもいいでしょう。

 なぜ年齢層の高い人ばかりが購入しているのか、いくつかの理由が考えられます。まず、中高年のニーズの変化も理由でしょう。かつてのようなステイタスの高いセダンではなく、扱いやすいコンパクトカーを求める声が大きくなっています。

 そして日産のラインナップもノートに中高年が集まる理由です。日産の現在のラインナップを見ると、セダンはスカイラインから上のモデルばかり。かつて中高年に人気だった小型セダンのシルフィーは生産終了になり、小さいセダンがないのです。

 そのためミニバンやSUVを除いたラインナップから日産車を買おうと思ったときに、コンパクトカーだけどマーチより上なノートは、中高年にとって最初の選択肢になるのではないでしょうか。

 そのノートを磨き上げ、価格もアップさせたのがノートオーラなのです。当然ながら経済力に余裕のある人がターゲットになる一方で、若い世代の人にヒットするとはなかなか考えにくい面もあります。

アクアのライバルとなり得るか

 そんなノートオーラのライバルとなるのがトヨタのアクアでしょう。うまい具合に、アクアもフルモデルチェンジを実施して新型となりました。アクアもベストセラーカーですから、コンパクトなハイブリッドカーの注目が高まることは間違いありません。

 クルマの販売はライバルがいたほうが話題となって販売台数が伸びるもの。ノートオーラにアクアというコンパクトハイブリッドカーの新車が登場することで、秋の商戦は相当に盛り上がるのではないでしょうか。

 ただし、アクアの価格帯はノートと同じ範囲にあり、ノートオーラは、その上のクラスとなります。そのため現実的には、ノートオーラはアクアの直接のライバルにはなりえません。しかし、コンパクトハイブリッドカーへの注目の高まりは、ノートオーラの追い風となるはず。ライバルの力を上手に利用する、なかなかの戦術と言えるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  2. 2

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  5. 5

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  6. 6

    【会見全文】「アベノミクスは失敗だった、間違いなく」立民・枝野幸男代表が検証報告を発表

    BLOGOS しらべる部

    09月21日 12:14

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    NY市場が大荒れ 中国恒大集団の影響とアメリカそのものにも問題あり

    ヒロ

    09月21日 11:38

  9. 9

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  10. 10

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。