記事

アクティブユーザー数が急激に増え続けているツイッター

ツイッターのアクティブユーザー数がグローバルでも急激に増えている。GlobalWebIndex(GWI)の調査によると、グローバルのインターネット人口の21%が月間ベースでアクティブにツイッターを利用している。

 ツイッターは騒がれる割には意外とアクティブユーザー数が多くないという印象があった。でも一本調子でユーザー数が増え続けており、GWIの調査では2012年の第2四半期から第4四半期のまでの間にアクティブユーザー数が40%も増えている。以下のグラフで示すように、代表的なソーシャルプラットフォームの中で最も成長率が高い。

リンク先を見る
(ソース:GlobalWebIndex)

 GWIの調査では31市場(16歳から65歳までのグローバル・インターネット人口の約9割をカバー)において、2012年第4四半期のツイッターのアクティブユーザー数は2億8800万人となっている。以下のグラフのように、フェイスブック、グーグル+、ユーチューブに次いで4位となっている。

リンク先を見る 
(ソース:GlobalWebIndex)
 

 ツイッターのアクティブユーザー数の成長率(2012年の第2四半期から第4四半期まで)を、国別ランキングで示したのが次のグラフである。大半の国で、ツイッターのアクティブユーザー数が急増し続けているのだ。

リンク先を見る
(ソース:GlobalWebIndex)

  グローバルのソーシャルプラットフォームの勝ち組ともいえる、フェイスブック、グーグル+、ツイッター、リンクトイン、ピンタレストがいずれも、冒頭のグラフのように、今も高成長の最中にある。先行していた米国では、成長が鈍化し始めていたのだが、以下のグラフのようにアクティブユーザー数が再び勢いよく増えようとしているのが興味深い。その理由としては、モバイル端末(スマートフォンやタブレット)からのアクセスが急増してきたこと、伝統マスメディアとの連携サービスが増えてきたこと、またツイッターのように中高齢ユーザーが増えてきたことがある。

リンク先を見る
(ソース:GlobalWebIndex)


◇参考
Twitter Now The Fastest Growing Social Platform In The World(globalwebindex)
SOCIAL PLATFORMS GWI.8 UPDATE: Decline of Local Social Media Platforms(globalwebindex)

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  7. 7

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  8. 8

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  9. 9

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  10. 10

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。