記事

ゆうちょ銀行に未来はあるか

朝日新聞のネット版を見ていると、「株主に説明できない」との表題の下、ゆうちょ銀行のことが書いてあった。内容はと言うと、来年4月にスタートする東証の新市場区分において、今の市場第一部に相当するプライム市場にゆうちょ銀行が不合格だという。

今の市場第一部に相当する新しい市場はプライム市場、第二部はスタンダード市場である。成長期待の企業はグロース市場に振り分けられる。この新しい市場区分への「合否結果」は、すでに東証から上場企業に伝えられた。

その結果、ゆうちょ銀行はプライム市場、スタンダード市場にも不合格だった。当然、グロース市場に該当しない。

もっとも「不合格」だからといって、すぐに上場廃止になるわけではなく、「経過措置」が設けられるので、その適用を申請すれば「当分の間」はプライム市場に残れる。でも、「当分の間」が具体的にいつまでなのかは示されていない。来年4月から1年以上あるかとは思うが。

その朝日新聞のネット版には、ゆうちょ銀行の福島克哉執行役(IR部長)の弁として、「規模からするとプライム。スタンダードにも上場できないようでは株主に説明できない」とするが、この認識、つまり「巨大やから当然プライムや」との感覚が(朝日新聞の記者がどこまでIR部長としての発現の真意を汲み取って書いたのかは不明ながら)大きな間違いである。今は(昔からそうだが)、上場株式は量よりも質である。

ゆうちょ銀行が不合格だった理由は、表面的には親会社である日本郵政がゆうちょ銀行の株式の89%(数値はネット版による)を保有していることにある。その親会社は政府の支配下にある。このため、ゆうちょ銀行が利用者や株主の顔を見て仕事をするというよりは、政府の顔を最初に見る。その結果がうまくいっているのかというと、株主として業績から判断せざるをえない。

ゆうちょ銀行の現在の時価総額は4.2兆円である。株主は42万人いる。現在の株価は上場当初の半値である。時価総額で見る限り、もはや日本のトップ級の企業ではないし(34位だとか)、世界をも渡すと、10兆円を超えないと「大したことない」。

しかも、ゆうちょ銀行の株式のうち市場での取引の対象は10%程度、つまり約4000億円だから、「その程度の企業なら日本でもそこらに転がっている」。ひょっとして「なんちゃって第一部上場企業」かも。経過措置の適用を受ければ、まさに「なんちゃって」になるわけだが。

ということで、ゆうちょ銀行というか日本郵政には発奮してもらいたいものだ。と書きながら、いつもと郵便を玄関まで運んできていくれる親切な郵便オジさんの顔が浮かんだ。「どうしてくれるんでっか」と、そのオジさんの代弁をしておきたい。

あわせて読みたい

「ゆうちょ銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  4. 4

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  5. 5

    「ユニクロ=格好いいから選ばれるブランド」 英国ファッション業界で人気に

    小林恭子

    09月28日 11:51

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。