記事

「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

1/2

テレワーク中の浸透で、LINEなどのチャットツールを職場で使う機会が増えている。ただし、そこでは「おじさん構文」と呼ばれる世代間のギャップも発生している。成蹊大学客員教授の高橋暁子さんは「無理にチャットツールを使いこなそうとするから間違えてしまう。自分の慣れたやり方で、丁寧に意図を伝えようとした方がいい」という――。

おじさん構文のLINE画面
おじさん構文のイメージ - 画像提供=高橋暁子

かつては下心丸出しで気持ち悪がられていたが…

4年ほど前から、「おじさん構文」が定期的に話題に上る。おじさん構文とは、中高年がやりがちな主にSNS上での上滑りしたコミュニケーションのことだ。「汗をかいた絵文字」「!や⁉などの絵文字」「〜だネ」「○○チャン」などの特徴を持ち、若者たちには面白がられたり、まねされたりしてきた。

「自分はおじさん構文だった」「テレビで取り上げられていて落ち込んだ」という、当事者の中高年の声もよく耳に届く。テレワークで社内コミュニケーションが対面や電話からメッセージでのやりとりに変わり、中高年が失敗するリスクも増えているという。

「お疲れさま!!!
毎日暑くて集中力が続かないネ(汗)あ、トシのせいか(汗)
ところで、資料作成進んでいるかな? プレゼン本番は来週なので、その前に確認したいので、今週末までには送ってください(ペコリ)(汗)
落ち着いたら、部のみんなで飲みに行きたいネ(ビール)」

20代会社員のAさんは、テレワークが続き、上司からおじさん構文のメッセージが送られてくるようになったことが正直負担だという。「『ウワサのおじさん構文そのまま』と感じた。上司からの連絡だから嫌とも言いづらいけれど、正直リアクションに困ってしまう」とため息をつく。

かつてのおじさん構文は、バイト先の店長などが女子学生に対して、下心丸出しであわよくばデートに持ち込もうとして送ってくるものが多かった。「二人で飲みに行こうとか誘ってくるのがキモい」と聞いたことがある。しかし今は、テレワークによって上司が部下に連絡をする際に、おじさん構文になってしまっている例が増えているようだ。

絵文字入りの長文が当然だったガラケー文化の名残

そもそも、おじさん構文はなぜ生まれたのか。

今の中高年は、ガラケーでコミュニケーションしてきた世代だ。ガラケーのメールは絵文字が必須だったことを覚えているだろうか。当時の若い女性の間では、絵文字が使われていないメールは「黒メール」と言われ、相手に対して「怒っている」意味になりNGとされた。ある芸能事務所社長への取材で、若い女性には「怖い」と言われてしまうので、メールには必ず絵文字を使うようにしていると聞いたことがある。

ガラケー
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/bakalusha

つまり、絵文字が多数使われたメッセージはガラケー文化の名残であり、中高年が若い頃に身に付けた文章コミュニケーション術そのものなのだ。よく、メイクが若い頃から止まっているとか、ファッションが若い頃と同じと指摘される中高年がいる。これと同様に、かつての成功体験から得たコミュニケーション術をアップデートしていないからこそ起きている可能性があるのだ。

「上司からのメッセージは一つ一つ長い。メールみたいなメッセージがLINEで来るので、スマホの画面がメッセージでいっぱいになる」と先ほどの20代社員は言う。これは、ガラケーではメールなので長文で送るのが当たり前だったためだ。

一方、若者世代は、LINEやInstagramのコメントなどでリアルタイムコミュニケーションをするため、短文でスピーディなやりとりが多い。「それな」「やば」「マジで」などの短い文章でのやりとりが続く。チャットのようなリアルタイムコミュニケーションでは、相手を待たせないように短文で送ることが多い。そのため、「!」を絵文字にするなどの手間をかけることも少なくなるのだ。

そもそもLINEなどは、特に若者世代では同じ世代の親しい間柄でやりとりされるものだ。それなのに、中高年が若者世代と同じツールでやりとりをしようとするため、両者にズレが生じているというわけだ。

「好かれたい」「怖がらせたくない」気遣いが上滑りしている

「自分のメッセージが『おじさん構文』と親しい後輩に指摘されてショックを受けた」と、ある50代男性は言う。「自分では気付いていなかった。言われてショックだったが、ではどのように書いたらいいのか分からない」と頭を抱える。自覚しないままの人もいるが、この男性のように自覚しても直し方が分からないことも少なくない。

もちろん、中高年は相手を困らせるためにおじさん構文のメッセージを送っているわけではない。中高年は若者世代にとって目上で年上のため、若者世代に気を使ったやりとりをしようとする。テレワークで部下とも直接会う機会が減る中、若者世代に好かれよう、怖がられないようにしようと気遣うあまりに上滑りしてしまっているのだ。

スマートフォンを持って悩むスーツの男性
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/itakayuki

同時に、気を使って親しくなろうとした文章が、「なれなれしい」「媚びている」と感じられてしまうことになる。互いの距離感を間違っているメッセージは、SNSネイティブの若者には居心地悪く感じられてしまうのだ。このように気遣いが失敗してしまっているのは、大変もったいない。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。