記事

五輪の途中中止の要件は?

オリンピックは絶賛開催中だが、途中で中止する可能性はあるだろうか?
よほどのことがないと、中止を実行することは難しいと思う。
もし、中止せざるをえない事態が起こるとしたら、それはどんなことだろうか?

西村康稔大臣、五輪今からでも中止質問に「国民は自宅で観戦し応援して頂いている」/芸能/デイリースポーツ online

共産党の塩川鉄也議員は「国民に行動抑制を求めているときに矛盾したメッセージとなっているオリンピックは今からでも中止すべきではないでしょうか」と質問した。

これに西村大臣は「五輪開催に当たって、多くの人がご協力頂いて自宅で観戦して応援頂いている。視聴率が高いと言うこともその現れの一つだと思います」と回答。自宅観戦=外出は減っているとの認識を示した。

「視聴率が高い」というが、開会式を除いて、各競技の視聴率は10〜19%で、人気種目の野球、男子サッカー、柔道などが20%超えになっているだけ。
参照→ 「オリンピック関連番組視聴率・視聴人数

平均すれば15%くらいだと思うので、7人に1人しか見ていないことになる。
高視聴率といっても、その程度のことなんだ。

マスコミは五輪を盛り上げようと煽っているが、興味のある人は15%だけ。残り85%はあまり興味がないわけで、こっちの方が多数派だ。
テレビでは五輪番組ばかりになっているが、五輪が盛り上がっているというのは虚飾だといえる。
日本中が五輪に夢中……というのであれば、視聴率は50%以上、過半数は必要だろう。
15%の熱狂では、日本中とはいえない。

さて、途中で中止するような事態とはなにか?
……と考えると、これしかない。

選手村で大規模クラスターが発生し、選手が重症化あるいは死亡する。

五輪の外の日本国民の中では、毎日数十人が死亡しているのだが、誰もそんなことは問題にしないし、数字だけ出してスルーだ。
亡くなった人たちには、それぞれの人生があったわけで、家族もいただろう。しかし、その人の命の重みは「死者数」という数字をカウントするだけで、忘れ去られる。

国民が何人感染しようが、何人死のうが、五輪には影響しないというか、無視される。
五輪は「別の地平の世界」で行われているからだ。

中止に影響があるとすれば、五輪内部で感染者が数百〜数千人出て、さらに死者が出るかどうかだ。
陽性者は毎日何人か出てきているが、重症に至ったという報告は出ていない。情報を隠蔽している節もあるが、陽性者が数百人出て、競技の続行が不可能にならない限り中止にはしないだろう。

選手から死亡者が出ない限り続行。

たぶん、そういう展開。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。