記事

「オリンピックで優勝したい」夢をかなえた伊藤美誠はエリート中のエリートではなかった

1/2

卓球の伊藤美誠選手は、東京五輪の混合ダブルスで金、女子シングルスで銅メダルを獲得した。なぜ彼女は結果を出すことができたのか。英作家のマシュー・サイドさんは「生まれた瞬間から成功を約束されている人はいない。伊藤選手も実はエリート中のエリート選手ではなかった」という――。

※本稿は、マシュー・サイド『きみはスゴイぜ! 一生使える「自信」をつくる本』(飛鳥新社)の一部を再編集したものです。

ビヨンセもネイマールも最初は初心者

こんな人を見たら、どう思う?

○ ゴールから40メートル以上の位置から目が覚めるようなフリーキックを決めるサッカー選手

○ きっかり5分で勝つチェスのグランドマスター

○ きみのクラスで、どのテストでも決まってトップになる子

○ セリフがすらすら言えて、全然あがらない学芸会のスター

○ 卓球台から15メートル離れて、カンペキなスマッシュを決める選手(ぼくもできる。いや……少なくとも以前はできた)

そりゃあ、ヨチヨチ歩きのビヨンセや、ボールをまだ蹴ったことがないネイマールなんて想像できないよね。でも世界的なスーパースターだって、きみやぼくと同じように人生をスタートしたはずだ。

つまり今日のビヨンセやネイマールになるまでに、彼らはあらゆるチャンスを逃さず、失敗をコワがるかわりに新しいワザにどんどん取り組んできたんだ。

達人たちがどうやってその道をキワめてきたかを理解するのは、「しなやか系マインドセット」(成功する人が持ち合わせている、つねに柔軟に成長していく思考法)を身につけるうえで、とても大切なことだ。

ふつうの子とスゴイ子を分けるもの

ここに全英卓球選手権の決勝を見ているふつうの子がいる。

ふつうの子には、画面上のスゴイ子の超人的なスピードが信じられなかった。その若い選手の顔にどこか見覚えがある気がしたけど、何より目を奪われたのは、試合を思うままに支配する、スゴイ子のテクニックだった。見たこともないスゴワザだったんだ。

テレビに見入る少年
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/LSOphoto

ふつうの子はソファに脚を投げだし、お母さんがふいに入ってきやしないかと横目でドアのほうをうかがいながら、スゴイ子が優勝する瞬間を見守り、なぜだか気落ちしていた。

ふつうの子はこう思ったにちがいない──スゴイ子は生まれつきスゴくて、それ以外の子は何をやってもパッとしないままなのさ、とね。

ここでふつうの子が一時停止ボタンを押し、「あのすばらしい試合をするまでに、スゴイ子はどれほどの努力を重ねてきたんだろう……」って考えてみたらよかったんだけど。

輝やかしい栄光の瞬間──スゴイ子が卓球の全国チャンピオンになったとき、ふつうの子の目に映ったのはそれだけ。

そう、ふつうの子には見えていないものがあった。ここにいたるまでの長くて険しい旅路だ。じつのところ、スゴイ子は厳しい練習に膨大な時間を費やしてきたんだ。

きっと勝利の瞬間にすべての苦労が報われたにちがいないけれど、スゴイ子だって、それまでの道のりで何度も自信を失いかけた。疲れやボロ負け、ときにはスランプも達人への道に立ちはだかる障害物だ。

そういう障害を乗りこえるには並はずれて強い意志がいるけど、それを学びの体験に変えるには、さらにゆるぎない決意が必要だ。

そして、そうした試練や困難の末に手に入れたからこそ、スゴイ子の勝利は最高にすばらしいものになったんだ。

自分もかつて、スゴイ子と同じ場所にいたのだと、ふつうの子が知っていればなぁ……。ふつうの子にも、卓球の達人になり、さらにチャンピオンだって目指せるチャンスが、平等にあたえられていた。

でも、ふつうの子は、ラクなほうの道を選び、卓球から遠ざかってしまった。

そうして、自分自身が歩めたかもしれないすばらしい道のゴールにだけ目をやり、スゴイ子が成しとげたことは、自分にはとうてい手が届かないものだと思ってしまったんだ。

才能は生まれつきのものではない

だれだって失敗する!

きょう、ぼくたちが達人のパフォーマンスを見るとき、「興ざめな部分」はあまり見たくないものだ。

たとえば、チケットを買って行ったコンサートでピアニストが暗譜していなかったり、レーサーが何度も車をエンストさせたらがっかりだ。

そのせいか、成功といえば表面ばかりで、水面下を見ようとしない。

ぼくたちは、時代遅れの才能コンプレックスになりがちだ。

つまり、目の前の達人たちは、生まれた瞬間から才能を約束されていたものと信じてしまう。そしてほーら、あっという間に「かちこち系マインドセット」(「しなやか系マインドセット」とは真逆の、成長が止まる狭い思考法)に逆もどりというわけ!

そうじゃなくて、ポジティブな「しなやか系マインドセット」に乗っていこう!

きみにとってノリがよくて楽しいことを見つけるんだ。

神経には可塑性というものがある。何かをすごくうまくなるのに必要な神経のつながりは、つくり上げるのに長い時間がかかるんだ。

それなのに、だ。

才能は生まれつきのものだという考え方は、そこらじゅうに、はびこっている。

ロジャー・フェデラーは「DNAにテニスが刻みこまれている」と言われてきた。リオ五輪で金メダルを4つも取った体操選手のシモーネ・バイルズは、アメリカで「天性の命知らず」と呼ばれてきた。まるでこの世に生まれたとたん、3回転して着地を決める能力があったみたいにね。

DNAの二重らせん
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Design Cells

タイガー・ウッズもそう。「ゴルフをするために生まれてきた」と言われ続けてきた。

そこでどうだろう、ぼくといっしょに有名な「天才神話」をくつがえす旅に出てみない?

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。