記事
  • ロイター
  • 2021年07月30日 11:55 (配信日時 07月30日 11:53)

午前の日経平均は急反落、中国株安など嫌気 直近安値下回る


[東京 30日 ロイター] - 30日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比373円16銭安の2万7409円26銭となり、急反落した。新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される中、時間外取引で米株先物が軟化したほか、中国株が反落したことなどが嫌気されている。日経平均は20日に付けた直近安値2万7330円15銭を一時下回った。ただ、時価水準は割安との意識が働いており、徐々に下げ渋る動きとなっている。

29日の米国株式市場は上昇して取引を終了。堅調な米企業決算に加え、第2・四半期の実質国内総生産(GDP)が規模としては新型コロナウイルス禍前の水準を上回ったことが寄与した。ただ、決算発表後にアマゾンが時間外取引で下落。米株先物も軟調に推移している。

これを受けて日本株は売り優勢でスタート。香港、上海両市場が反落するなど悪材料が重なったことから下げ足を速めた。ただ、時価水準は割安感が強いと意識されている。前日に比べて商いが膨らむなど、下値では買いが入り、前場中盤から下げ渋った。

物色面では、第1四半期の決算発表において、サプライズを伴う上方修正銘柄は買われたものの、見通しを据え置いた銘柄に厳しい下げを演じるものが目立つなど「バリュー面で日本株は割安とみられても、それが下げ止まりの要因にはなっていない」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)という。

TOPIXは0.82%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2289億1800万円とやや膨らんでいる。東証33業種では、医薬品、その他製品、空運業などの下げが目立ち、値上がりは海運業など4業種にとどまった。

個別では、前日に上方修正を発表しながらファナックが大幅安となり、全体の地合いに悪影響を及ぼしたほか、富士通も急落。半面、キーエンスが大幅上昇した。

東証1部の騰落数は、値上がりが396銘柄、値下がりが1706銘柄、変わらずが81銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    「ユニクロ=格好いいから選ばれるブランド」 英国ファッション業界で人気に

    小林恭子

    09月28日 11:51

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。