記事

「カジノ取りやめ」では不十分!私は「カジノ禁止条例」をつくる

 今回の市長選挙では、「カジノ反対」を唱える候補者が多いようです。中には、与党政治家として「横浜へのカジノ誘致」を推進しながら、立候補の際に初めて「カジノ取りやめ」を言い出した候補者もいるようです。

 でも、候補者として「取りやめ」「反対」を表明するだけで十分なのでしょうか。選挙公約である以上、個人の見解ではなく「市の政策」を掲げるべきです。私は、カジノ反対という市民の皆さんの意思を「横浜市のルール」に高めるため、「横浜カジノ禁止条例」の制定を提案します。

 その理由ですが、第1に、選挙では「取りやめ」を言明していても、当選後に状況が変わったと言って、変更され、骨抜きになる可能性があるためです。選挙では「白紙」と言いながら、当選後にカジノ推進に切り替えた現市長のことを忘れてはなりません。条例で明確にすれば、横浜市の「法」ですので、自分勝手な変更や骨抜きは許されません。

 第2に、自治体は二元代表制ですので、もし反対派の候補者が当選しても、市長は反対・議会は賛成という分裂状態が続き、膠着状態に陥る可能性があるためです。私が当選すれば、すぐに議会に条例案を提案します。

厳しい議論になるかもしれませんが、市民の信託を後押しにして理解が得られるよう努力します。もし議会が否決すれば、議員選挙やリコールで市民から政治責任を問われるでしょう。条例をきっかけにして、「ムラ政治」から「市民政治」への転換が始まるのです。

 第3に、条例で明確にすれば、横浜にカジノはいらないという市民の意思が「市のルール」になり、将来の市政にも継承されるためです。もし市長や議会がカジノ誘致を断念しても、将来、市長や議員が変われば、カジノ誘致を言い出し、カジノ問題が再燃する可能性があります。そうした混乱に終止符を打つために、条例を制定するのです。

 では、どのような条例案が考えられるでしょうか。

 私はすでに下記の「横浜カジノ禁止条例」案を発表しました。ここでは、第1条に目的規定を置き、第2条で市の区域では「カジノ施設」は誘致せず、また事業者による設置等も認めないという方針を明確にします。

この目的を達成するために、第3条で、市長はカジノ設置に必要な事務を行わないようにするとともに、すでに行った事務(実施方針の策定、事業者の公募など)については取消しその他必要な措置を講じることを義務づけます。第4条で、市議会もカジノ設置に必要な議決を行わないよう努力する義務を定めます。

 「カジノ禁止条例」の制定によって、カジノをめぐる横浜の混乱に終止符を打ちましょう!

 松沢しげふみ「横浜カジノ禁止条例」案はこれだ!



あわせて読みたい

「横浜市」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  8. 8

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  9. 9

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  10. 10

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。