記事
  • ロイター
  • 2021年07月29日 15:50 (配信日時 07月29日 19:15)

パナソニック、4-6月期営業利益13年ぶり高水準 上方修正は見送り


[東京 29日 ロイター] - パナソニックが29日に発表した2022年3月期第1・四半期(4─6月期)の連結営業利益は1043億7700万円と、13年ぶりの高水準となった。事業ポートフォリオの見直しなどが奏功して利益率が改善したが、コロナ禍の再拡大といった多数のリスクを踏まえ、通期営業利益予想は3300億円と期初計画を据え置いた。

<第1・四半期営業利益、通期予想の3割超に到達>

梅⽥博和CFO(最高財務責任者)は記者会見で、第1・四半期の営業利益が通期予想に対して3割超の進ちょくとなったことで、決算公表前に業績予想を上方修正する可能性を社内で議論したことを明らかにした。

しかし、原材料価格の高騰や半導体の需給逼迫に加え、コロナ禍でマレーシアやベトナムなどの工場が稼働と停止を繰り返していることなどから、「(期初)計画を作った時からリスクが減ったとは思っていない。必死に対応はするが、第2・四半期が終わるぐらいまで状況を見極めたい」と説明した。

IBESがまとめたアナリスト19人の通期営業利益の予想平均は3351億円。

<利益率も大きく改善>

四半期ベースの営業利益が1000億円を超えるのは、08年第1・四半期以来。コロナが直撃した前年同期の37億円を大きく上回り、実質的な売上高が同程度だった19年度の624億円と比べても、倍増に近い伸びとなった。

利益率が改善したのは、収益性の高い事業や商品の取り扱いを増やしたため。営業利益率は19年度の3.3%から6.7%へ上昇した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  5. 5

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。