記事
  • WEDGE Infinity
  • 2021年07月31日 15:29 (配信日時 07月29日 14:25)

ワクチンと選挙、日米の政治家の類似点 - 海野素央 (明治大学教授 心理学博士)

今回のテーマは、「ワクチンと選挙、日米の政治家の類似点」です。毎日新聞デジタル(21年7月25日)によれば、国会議員が秋の衆議院選挙をにらんで、選挙区内の自治体へのワクチン配分を増やすように厚生労働省に要求しています。地元の有権者に対するワクチン確保が、選挙の当落に影響を及ぼすというのです。

米国でもワクチン接種を巡って、同様の動きが出てきました。ワクチン接種率の低い州では知事や議員が接種率を高めようと、本腰を入れ始めました。その背景には選挙があります。そこで本稿では、「ワクチンと選挙」に焦点を当てます。


(Leonid studio/gettyimages)

ワクチン未接種者によるパンデミック(感染病の世界的大流行)

AP通信とNORCセンター(シカゴ大学)の最新の共同世論調査(21年7月15~19日実施)によれば、新型コロナウイルスのワクチン接種をしていない米国民の45%が「絶対にワクチンを接種しない」、35%が「おそらくワクチンを接種しない」と回答しました。つまり、ワクチン未接種者の8割が今後も接種しないというのです。

同調査ではワクチン未接種者の64%が「ワクチンは新しい変異株に効果的ではない」と捉えていることも分かりました。

年代別にみると、「絶対にワクチンを接種しない」と「おそらくワクチンを接種しない」の合計は、18~29歳で38%、30~44歳で36%になり、60歳以上と比較すると2倍以上です。

党派別においても顕著な傾向が出ています。共和党支持者は「絶対にワクチンを接種しない」と「おそらくワクチンを接種しない」の合計が43%になり、無党派層の33%、民主党支持者の11%を10~30ポイント以上も上回っています。

加えて、学歴とワクチン接種の関係にも注目してみましょう。高卒以下では「絶対にワクチンを接種しない」と「おそらくワクチンを接種しない」の合計は31%であるのに対して、大卒は18%です。大卒が高卒以下を13ポイント下回っています。周知の通り、ドナルド・トランプ前大統領の支持者は高卒以下、ジョー・バイデン大統領は大卒中心です。

バイデン氏は米国でウイルスの感染が再度拡大している状況を「ワクチン未接種者によるパンデミック」と呼んでいます。上の世論調査結果で「絶対にワクチンを接種しない」及び「おそらくワクチンを接種しない」と回答した、いわゆる「ワクチン接種拒否者」「ワクチン不要論者」並びに「ワクチン懐疑論者」がウイルス感染拡大を招いているとみています。

「赤い州」とワクチン接種率

米ワシントン・ポスト紙による州別のワクチン接種率に関するデータをみてみましょう。

新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した州民の割合は、南部アーカンソー州で36%、ルイジアナ州で36.6%、フロリダ州で48.5%、ミズーリ州で40.8%、ミシシッピー州で34.2%です。これらの5州はいづれも20年米大統領選挙において、トランプ前大統領が勝利を収めた「赤い州:レッドステート(大統領選挙で共和党が圧倒的に強い州)」です。

一方、「青い州:ブルーステート(大統領選挙で民主党が圧倒的に強い州)」の1つである東部マサチューセッツ州のワクチン接種完了率は63.5%で、上で挙げた南部の州を15ポイント以上も引き離しています。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は7月27日(現地時間)、フロリダ州では新規の入院患者の95%以上がワクチン未接種者だと述べました。加えて、「進化するウイルスとの戦争状態が続いている」と警告を発し、ワクチン未接種者に対して接種を呼びかけました。

立場に変化がみえる共和党議員

このような状況下で、新型コロナワクチン接種に消極的であった有力共和党議員や、トランプ支持のテレビ番組の司会者に変化が出てきました。

例えば、24年共和党大統領候補であるロン・デサンティスフロリダ州知事がその一人です。『訪問州から読み取るバイデンの選挙戦略』で紹介しましたが、デサンティス知事は7月11日に南部テキサス州ダラスで開催された米保守系団体の保守政治活動会議(CPAC:シーパック)での24年共和党大統領候補に関する模擬投票で、トランプ氏に次いで2位でした。

デサンティス知事は、「もしワクチン接種を完了しているなら、新型コロナウイルスで重症化や死亡する可能性は事実上ゼロだ」と言い切りました。そのうえで、「(フロリダ州では)入院患者の95%以上がワクチン接種を完了していないか、全く接種していないかのどちらかだ」と強調し、「ワクチンは命を救う。死者数を減らす」と語気を強めました。

米国では18歳以上の成人でワクチンを1回接種した人の割合は69.1%で、7割に近づいています。すでにワクチン接種を完了した人は60.1%です(共に現地7月27日現在)。前述しましたが、フロリダ州のワクチン接種完了者は48.5%ですので、全国と比較すると約12ポイントも低いです。

バイデン大統領は全国のワクチン接種率を高めれば、自身のクレジット(手柄)になり、24年大統領選挙でその実績を強くアピールできます。一方、デサンティス知事にはワクチン接種率を高めて、バイデン氏再選を助ける意思はないはずです。

ただし、フロリダ州のワクチン接種率が「青の州」よりもかなり低く、新型コロナウイルス感染により重症化した患者数と死者数が増加すれば、24年大統領選挙でデサンティス知事はライバル候補から攻撃を受けることは間違いありません。同知事のワクチン接種を巡って発言に変化があったのは、選挙を見据えているからです。

これでは、日米の政治家は大同小異だと言われても仕方がありません。選挙に勝つためのワクチン確保と接種率向上なのです。

あわせて読みたい

「政治家」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  4. 4

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。