記事

「宗教パワーがどんどん落ちている」都議選の全員当選を公明党が喜んでいない本当の理由

1/2

7月4日に投開票された東京都議会選挙で、公明党は候補者全員が当選を果たした。『宗教問題』編集長の小川寛大さんは「公明党は候補者を確実に当選させる力をもっているが、それを今後も続けられるとは限らない。なぜなら支持団体である創価学会の『宗教パワー』が衰えているからだ」という――。

東京都議選で当選確実の候補者の名前に花を付ける公明党の山口那津男代表(左)と石井啓一幹事長=2021年7月4日夜、東京都新宿区の公明会館 東京都議選で当選確実の候補者の名前に花を付ける公明党の山口那津男代表(左)と石井啓一幹事長=2021年7月4日夜、東京都新宿区の公明会館 - 時事通信フォト

都政関係者の「公明党が悪い」という声

「公明党の動きは怪しいよ。何か証拠があるわけじゃないけど」

7月4日投票の東京都議会議員選挙が終わった後、ある自民党都連関係者は静かな怒気を見せながら、そんな感想を漏らした。

今回の都議選に関しては、多くの政界関係者が「勝者なき戦いだった」と総括する。なるほど、都議会の定数127に対し、主要各党の獲得議席数は自民33、都民ファーストの会31、公明党23、共産党19、立憲民主党15といったところ。

まるで、どんぐりの背比べのような拮抗(きっこう)状態だ。選挙協力をした自民+公明や、共産+立憲といった野党連合の構図を考えても、都議会の過半数を確保できる勢力は存在しない。

今後の都政が混迷の度を深めるだろうことは必至だ。

一方で選挙前、政界周辺では小池百合子都知事が特別顧問を務める都民ファースト(都ファ)の壊滅的敗北と、自公勢力による過半数確保という観測が広がっていた。実際、多くの政治ジャーナリストや選挙ウオッチャーは、今回の都議選結果に関し事前の予想を外している。

そしてその目算ミスの中心は、「都ファが意外に負けなかった」ことと、「自民があまり伸びなかった」ことを予測できなかった点にある。その原因が何だったのかに関しては、現在各所でさまざまな分析が行われている。

ただ冒頭にあげたように、一部都政関係者の間から「公明党が悪い」という声が出てきている事実があるのだ。

「公明党はああいう党なんだ」

前述のように、今回の都議選に自民と公明は選挙協力関係を結び、挑んだ。しかし2017年の前回都議選において、公明がタッグを組んでいた相手は都ファだった。

16年12月、都議会公明党は突如「自民党との信義が崩れた」と表明。それまで国政同様に協調していた自民との関係を断って、都ファと協力する道を選択する。そして17年都議選で都ファ・公明連合は圧勝。その後の都議会運営でもタッグを組みながら、さまざまな予算や条例を通してきた。

それが今年3月、公明は「小池都知事との関係は是々非々」と表明し、次期都議選に関して自民と選挙協力すると、再度の「手のひら返し」をしてみせたのである。

2016年7月の東京都知事選挙で、2位の候補に100万票差をつけて圧勝した小池氏。翌年に入ってもその圧倒的な小池フィーバーは収まらず、「このまま自民党とくっついて都議選に突入したら、公明党は壊滅する」との危機感から、当時の公明は自民との縁切りを選択する。

ただしその後、小池フィーバーは収まり、また東京五輪や新型コロナウイルス感染拡大などへの対応姿勢に関して小池都知事への批判が高まっていく状況を見て、公明は今春、小池・都ファをも見限った。

新宿アルタビジョンにうつる小池百合子都知事 ※写真はイメージです - iStock.com/Fiers

無節操としか言いようのないこの公明の態度だが、政界の反応は意外に静かだった。

「公明党とは、ああいう党なんだという認識がもう、よく悪くも一般的になってしまっている。大阪のほうの動きに比べたら、むしろ東京は大人しいくらいじゃないんですか」(ある自民党国会議員)

“無節操さ”の源流である大阪維新との関係

彼の言うように、近年の公明の無節操さの源流をたどっていくと、それは2010年代に入って大阪政界で台頭してきた大阪維新の会との関係に行きつく。

橋下徹・元大阪府知事を擁し、大阪で圧倒的人気を誇る維新の前に、大阪公明党は妥協的な態度をとり続けてきた。維新の看板政策である大阪都構想に対しても、迷走を重ねた末に賛意を表明。

現在では「大阪府政・市政において、もはや公明は維新の衛星政党と化している」(大阪の野党関係者)といった評さえ存在する状況になっている。この維新への対応をひとつの起点とし、近年の公明は何かの理念、政策に沿って動くというよりも、ただ「強いものに従う」だけの政党と化しているのではないかという疑念、批判が、政界には生まれているのである。

そういう露骨な生存本能に従った党運営をしていることの結果なのか、公明は確かに選挙では強い。今回の都議選でも、どの党もパッとした成果を上げられなかった中で、公明は23人の候補を全員当選させた。公明が都議選で候補全員を当選させたのは、これで8回連続である。

一方で、「今回の都議選で、公明は自分のところで精いっぱいだったのではないか」という観測も存在する。

当初の下馬評に比して、自民が意外に議席を伸ばせなかったところから出てきている意見で、つまり「公明は自分の選挙には熱心だったが、自民への協力はなおざりだったのではないか」という批判的な声が、自民関係者の一部から上がっているわけだ。

あわせて読みたい

「公明党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。