記事
  • 女性自身
  • 2021年07月30日 15:44 (配信日時 07月29日 11:00)

ハグ、握手にNG要請も…選手村でマッチングアプリが流行中!

多くの外国人選手が入居する選手村

「コロナ禍で新しい出会いが少ないので、マッチングアプリを始めました。恋人候補を探していると、ひときわ目を引く女性が……。まさかオリンピアンが登録しているとは思いもしませんでした」(広告代理店関係者)

マッチングアプリとは、簡単なプロフィールと写真で、自らを紹介し、お互いに気に入った場合、チャットをすることができる恋活サービスだ。盛り上がった場合は、現実での出会いにつながり、交際に発展することもある。

広告代理店関係者はこう続ける。

「ブラウンの水着を身につけた筋肉質の女性でした。ほかの写真を見ると、国の代表専用と思しき柔道着を着ていました。インスタグラムのアカウント名が書かれていたので、見てみると東京五輪に出場する南米の柔道選手だったのです。偽物かとも思いましたが、本人認証済みのマークがついていたので、本人のようです」

オリンピック出場選手が、オンラインで出会いを求めている! 意外な気がするがスポーツ紙記者はこう語る。

「’14年のソチ五輪から、選手村ではマッチングアプリが流行しています。海外メディアによると、アメリカのスノーボード選手で、2大会で金メダルを獲得したジェイミー・アンダーソン氏(30)は、『選手村でのマッチングアプリは素晴らしい。アスリートばかりで、魅力的な人がたくさんいる』と絶賛していたそうです。またリオ五輪に出場したベナン代表のフェンシング選手・イエミ・アピティ氏(32)も、マッチングアプリを使っていることを明かし、『いろいろな国の選手と出会うことができる』とその利便性を語っていました」

選手村を席巻するマッチングアプリについて本誌が取材すると、冒頭の柔道家以外にも、北米の水泳選手、カヌー選手、欧州のバドミントン選手などを確認することができた。公式プレイブックによると、選手村では、「ハグや握手など物理的な接触を避け、選手との距離を2m以上確保すべき」という指針が示されている。

各国選手が続々登録しているマッチングアプリで、“夜の濃厚接触”は避けられないかも!?

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。