記事
  • ヒロ
  • 2021年07月29日 10:47

越境ワーカー、落とし穴はないのか?

越境ワーカー、まるで出稼ぎ労働者のような響きですが実はトレンディーな働き方の一つとなっています。基本のパタンはAという国に住みながらBという国の会社で雇用されるパタンです。アメリカや英国ではその流れが出始めているとされます。これもオンラインによる業務の推進ができるようになったためで、世界どこにいても仕事が出来る時代がその背景です。かつて「のまど族」(遊牧民)とも言われた人たちです。

オーストラリアのオンラインワーカーの斡旋業者、フリーランサー社の登録者数は6月末で5300万人を超えており、コロナで登録者数が3割増えた(日経)とあります。世界には6億人の潜在労働者数がいるとあります。

確かに最近、「お宅の会社のウェブサイトをもっと良いものにしませんか?」的なセールスのEメールや電話が増えてきています。ウェブサイトは何処にいても作れるという意味ではオンラインワーカーにはうってつけなのですが、会社やその製品、ウェブに求めるものなどをじっくり理解しないと本当のウェブなど作れるわけありません。またウェブの表層であるデザインだけやるのか、オンラインショッピングまで含めたウェブデベロップメントまでやってくれるのか、価格や相手の言い分で載せられると痛い目に合うかもしれません。

一方、きちんとした雇用者がいて、その枠組みで仕事をしている人たちはよいかもしれません。多分、雇用形態は成功報酬型の契約になっているものが多いはずで、煩わしい労働時間に管理される点からは解放されます。一方、成果品が十分でなければ次の契約はない、ということですから労働者側の雇用の保証はかなり不安定になるでしょう。もちろん、その人が専門職ではなく、マネージメントの圧倒的な力量を持つのであれば逆に引く手あまたの状況になりうることもあります。とすれば厳しい選別がそこで行われることになります。

税金の問題がどうなっているのか、ここも難しいところです。個人所得税はその人が住んでいる国に第一課税権があります。そして多くの国で取り入れられているのが全世界所得への課税ですので例えばA国に住んでいてB国の仕事をして10万円稼いだとすれば当該所得はA国に課税所得として申告する必要があります。

ただし、ここからが問題。越境ワーカーが個人事業主でB国の顧客からオンラインにて支払いを受け、特にそれが自分の銀行口座を介さない方法で入金する場合、当該国の税務当局が把握するのが非常に難しくなるでしょう。とすれば正直者は馬鹿を見るではないですが、わざわざ納税申告をしない可能性があります。

もう一つは例えば正規の労働ビザではなく、ビジタービザで入国し、そこでオンライン業務を行い、税務申告時期に他国に出国した場合、未払い税金のまま逃げることになります。

更には「183日ルール」です。365日の半分は182.5日、つまり183日とは年間の過半数の日数でその間、当該国で滞在することにより当該国に課税権が生じるという考え方があります。カナダにも日本にもありましたが、先進国ではこのルール適用は20年ぐらい前から改変され始め、「実質ルール」が適用されています。というのは3カ国以上に居住地がある富裕者層の脱税が横行し、所得税を一銭も払わないことが一部の世界で流行したことがあるからです。

個人的にはリモートワークにはいくつかのハードルがあるように思えます。他国の仕事を受注する場合、その支払いがきちんとなされるか、代金の未払いの際、どう対応するか、非常に難しい問題を抱えます。タダ働きのリスクは考えるべきでしょう。

二番目に当人が居住地を転々とする場合、ビザの問題が出ると思います。国によってビザの規定が違うのですが、その人が当該国の人や会社から稼いでいるのではなく、国外からの収入だから就労ビザはいらないという考え方をする国もあるようです。ただ、無制限にビジタービザを認める国はないでしょう。つまりいつか不法滞在となるので本当ののまど族になりかねないリスクはあります。

三番目に社会に所属するという意味で長期的な「のまど族」は出来ないとみています。それは仕事が安定的にあるかどうかという問題と共に基本的にはその日暮らしであり、社会保障が何もない状態にあり腰掛けなのです。会計的に言えば損益計算書だけで生きていてバランスシートがない状態ですね。

病気や事故になった時、あるいは仕事がまったくなくなった時の保障はありません。また当該国での社会への参加という観点は低く、その人がそこに居住することに国家になんらメリットを生まないため、いつ、どんな制裁発動があるかわからないのです。

最後に、税務当局や入国管理の当局も全世界ベースでオンライン化とルールの共通化が猛烈な勢いで進んでいます。当然ブラックリストもあるし、国際間をまたぐお金のやり取りには厳しい監視の目があります。よって正規の越境ワーカーならいざ知らず、ちょいとしたノリではまずうまくいかず、不法、不正なものに手出しするのがオチになる点は要注意なのではないかと思います。

私なら越境ビジネスはビジネスポートフォリオのごく一部、という考え方が健全ではないかと思います。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。