記事
  • ロイター
  • 2021年07月28日 11:20 (配信日時 07月28日 12:45)

第2四半期の豪CPI、約13年ぶりの高い伸び コアインフレは低迷


[シドニー 28日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が28日発表した第2・四半期の消費者物価指数(CPI)は、ガソリン価格の上昇などを背景に約13年ぶりの高い伸びを記録した。一方、コアインフレ率は低水準にとどまり、物価上昇が一時的なものである可能性が示された。

第2・四半期の豪CPIは前期比0.8%上昇、市場予想は0.7%上昇だった。前年比では3.8%上昇し、市場予想と一致した。

CPIの中銀トリム平均値は前期比0.5%上昇、前年比1.6%上昇した。

BISオックスフォード・エコノミクスの豪州担当チーフエコノミスト、サラ・ハンター氏は「新型コロナウイルスのデルタ株流行のリスクが高まっており、7-9月の国内経済は大幅なマイナス成長になるだろう」とし「このため、コアインフレ率は今後も低迷する可能性が高い」と述べた。

品目別では、ガソリンがCPIの上昇に最も寄与した。次にヘルスケア、生鮮食品、自動車が続いた。旺盛な需要と供給制約が物価を押し上げる要因となった。

CPIは前年比で大幅に上昇したものの、前年同期の物価が、新型コロナ対策の保育費補助などで低迷していたことが主因。

コアインフレ率は、豪中銀(RBA)の目標である2-3%を5年以上、下回っており、RBAは2%に到達するのは2023年半ば以降になるとの懸念を示している。

国内企業はコスト管理を重視しており、広範な賃金上昇圧力が存在しないことが、インフレ率低迷の大きな原因となっている。

さらにニューサウスウェールズ(NSW)州は28日、新型コロナウイルスの感染者増加に歯止めが掛からないため、州都シドニーのロックダウン(都市封鎖)を1カ月延長することを決定。

これを受け、7-9月の個人消費と雇用に悪影響が及び、これまでの急ピッチな景気回復が失速するとみられている。

CBAの豪州経済担当ヘッド、ガレス・エアード氏は、7-9月の国内総生産(GDP)が2.7%のマイナス成長になり、回復は11月以降になる公算が大きいと予想。

「21年第3・四半期の大幅なマイナス成長は既成事実だ。行動制限緩和後の速やかな景気回復を実現するため、再び大規模な政策支援が必要になるだろう」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  3. 3

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  7. 7

    河野太郎氏 自民党の身内にも…強気な“回答拒否グセ”に「誠意ない」と高まる不信感

    女性自身

    09月23日 20:28

  8. 8

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  9. 9

    自民党総裁選⑽ 河野候補の発言で誤解を招かないように 党部会は日本型民主主義の根幹

    赤池 まさあき

    09月23日 11:26

  10. 10

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。