記事

「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

1/2

週刊文春は芸能人の「ゲス不倫」を何度も報じてきた。なぜ不倫ネタを取り上げるのか。前週刊文春編集局長の新谷学さんは「デジタルシフトを開始して、きれいごとを言っていては稼げないという実にシビアな現実を突きつけられた。デジタルの世界では、社会的インパクト、社会的意義と、実際の収益、読まれる数は相関しない」という――。

※本稿は、新谷学『獲る・守る・稼ぐ 週刊文春「危機突破」リーダー論』(光文社)の一部を再編集したものです。

インタビューに応じる前週刊文春編集局長、「文藝春秋」編集長の新谷学さん インタビューに応じる前週刊文春編集局長、「文藝春秋」編集長の新谷学さん - 撮影=門間新弥

「社会的意義が大きい=読まれる」ではない

デジタルシフトを開始してすぐに気がついたのは、この世界は非常に過酷で、苛烈な戦場だということだった。

デジタルではPVも有料会員数も瞬時に数値化され、その数値で収入が決まる。われわれはこの世界で、きれいごとを言っていては稼げないという実にシビアな現実を突きつけられたのだ。ここでは、デジタルでのビジネスとブランディングについて書いていく。

デジタルの世界では、社会的インパクト、社会的意義と、実際の収益、読まれる数は相関しない。

わかりやすい例を挙げれば、2016年に〈ベッキーさんの禁断愛〉と〈甘利明大臣の金銭授受疑惑〉を同時期にスクープしたが、デジタル上のPVだけを比べればベッキーさんの記事が10倍読まれた。僅差などではなく、桁がひとつ違う。

当時の甘利大臣のスクープは、贈収賄現場を完璧に押さえた週刊文春史上に残るものだ。現職の大臣を辞任に追い込んだきわめて社会的意義の大きいスクープだったが、デジタルでは、ベッキーさんの記事が10倍読まれた。つまり10倍稼いだということになる。

これが厳然たる事実だ。ジャーナリズムという大義よりもむき出しの欲望に人の心は動く。これがデジタルのリアリティだとまず認識しておく必要がある。新聞やテレビや雑誌など、ジャーナリズムの最前線にいる人々が直面しているのもこのやっかいな問題なのだ。

タイミングを見極め、アウトプット先も細かく使い分ける

では、どうすればデジタルで稼げるようになるのか。

紙の雑誌とデジタルを使い分け、時間差でスクープを放つことで拡散力が増す仕組みを作った。音声データや動画も記事と一緒にまとめて出すだけではなく、出すタイミングを見極めることで、より注目を集めることができる。

アウトプット先を使い分けることも必要だ。ヤフーとLINE、ドワンゴと組んだ週刊文春デジタルでは読者層が異なる。ヤフーは40代から60代の男性ビジネスマン中心、LINEは30代から50代の主婦、週刊文春デジタルは20代から30代のネット系男子というそれぞれの読者層に応じた記事を出す。数字を細かく分析すればするほど戦いは有利になり、収益も増える。

過去の記事が、収益を生むこともデジタルの特徴だ。沢尻エリカさんが2019年に薬物所持で逮捕された時、われわれは、家宅捜索のわずか3時間前にクラブで踊り明かす彼女の映像を撮っていた。

逮捕の一報を受けて、この動画と、7年前(2012年)のスクープ記事〈元夫・高城剛氏が語っていた薬物問題の“真相”〉とを文春オンラインにアップしたら、PVはぐんぐん伸び、関連記事を合わせて1億PVに達した。その結果、文春オンラインは初めて月間3億PVを超えた。

無料の人気記事、有料でも読まれる記事の違い

皇室関係の記事も長く読まれる傾向にある。何かのきっかけで思いもよらぬ稼ぎ方に気づかされるのもデジタルの面白いところだ。こうしたアーカイブ記事の有効活用は、今後ますます重要になってくる。ただし、先んずれば人を制す世界だから、世の中の状況に素早く反応しなければならない。過去のスクープ記事でも、新たな動きがあれば即座に再掲載している。

スマートフォン ※写真はイメージです - iStock.com/NanoStockk

記事の選別も重要だ。週刊文春でよく読まれる記事と、文春オンライン上でよく読まれる記事は違うし、オンライン上でも無料で読まれる記事と、有料で読まれる記事は違う。こうしたノウハウは、やればやるほど蓄積されていく。

無料で読まれるのは、酒の席でも話題になりやすい記事だ。ちょっと話のネタに読んで見ようか、と思わせるもので、「読む将棋」や「売春島」シリーズ、「ナゾの終着駅には何がある」「事故物件」シリーズは人気だ。

逆に有料で読まれる記事は、どうしても「知りたい」「見たい」と思わせるものだ。これはやはりスクープ、特に芸能人の記事が強い。『GAFA 四騎士が創り変えた世界』(スコット・ギャロウェイ著、渡会圭子訳、東洋経済新報社)によれば、大事なのは、人間の脳みそと心と性器をつかむことだ。

あわせて読みたい

「週刊文春」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  7. 7

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    小学館『Domani』サイト掲載記事への抗議 意識高い系をめぐって

    常見陽平

    09月15日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。