記事

日本の家電メーカーが浮上できない理由

1/2
 アメリカで開催されたCESのレポート記事が、各紙、各サイトに掲載されている。
 それらの記事をつらつらて読んでいて、いくつかの記事を合わせてみると、日本の家電メーカーが浮上するためのヒントがあるように思う。

スマート家電の前に取り組むべき課題がある:日経ビジネスオンライン
 米ラスベガスで開催された国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」。その名称に冠された「Consumer Electronics(コンシューマー・エレクトロニクス)」は、日本語に訳すと「消費者向け電気製品」、すなわち家電製品のことであるが、日本で言われる家電とは少し意味が異なる。

 米国でコンシューマー・エレクトロニクス、あるいは単にエレクトロニクスという場合は、一般的にテレビやオーディオといったAV(音響・映像)機器、いわゆる「黒モノ」家電を指し、洗濯機や冷蔵庫といった「白モノ」家電は、「Home Appliances(ホーム・アプライアンス)」と呼んで区別している。

(中略)

 パナソニックは、日本国内市場ではエルーガという名前のタブレットやスマートフォンを発売しているが、海外では販売していない。スマート家電でキーになるガジェットのスマートフォンがそもそも海外市場にはないのだ。

 この記事は、日本にいるとわからないアメリカの状況がよくわかる分析になっている。

 パナソニックのすすめる「スマート家電」は、スマホやタブレットを「リモコン代わり」にする発想だが、肝心のスマホが自社製ではなく、アメリカではiPhoneやiPadを使うしかないというのが情けない。

 極端な話、「テレビはスマート家電ですが、スマホはiPhoneを買ってください」と他社製品を販促しているようなものだ。現状のテレビで「リモコンは別売り(ただし他社製)」という売り方だ。そんなんじゃダメだろう。

 スマート家電の「スマート」の意味を、根本から考え直した方がいいように思う。その一例が、「タコ足配線とおさらば…新方式のワイヤレス電源」で取り上げた、ワイヤレス電源だ。電化製品から電源コードをなくすという「スマート家電」というか「スリム家電」だったら革新的だ。

「スマートフォンの時代は終わる」:日経ビジネスオンライン
 今のネットに欠けているのは、時間の概念です。そもそもネットを記述するプログラムには、更新日時を記録する「タイムスタンプ」の機能がありません。ネット上に、ありとあらゆる情報が蓄積されるようになったにもかかわらず、いまだにグーグルで検索した結果を時間軸で並べ替えることができないのは不自然です。今後、時間という概念を取り込むために、ネットを作り変えようとする動きが加速するはずです。

 同様に、今のネットにはリアルタイム性が不足しています。「ツイッター」などのサービスは興味深いものですが、まだまだリアルタイム性は不十分。今後、金融や医療、セキュリティー、ゲームなどの分野では、様々なデータベースを基にリアルタイムに情報を処理するニーズが高まるはずです。

 こういう先見性のある経営者が、日本にもいるんだね……と、少しホッとするような記事。近未来の読みとしては的を射てると思うが、問題はその先見性を具体化した製品なりサービスを実現できるかどうかだ。

 現状のネットに「リアルタイム性が不足」というのは確かなのだが、逆にいうとリアルタイム性のなさ……つまり「タイムシフト性」によって成り立っているともいえる。

 Twitterは比較的即時性はあるものの、ちょっと過去のツイートをあたかも「今」のように感じられるタイムシフト性で話題への「共有感」を演出している。

 私の記事を読んでいる人も、投稿直後に読む人と、しばらく月日が経過して読む人がいるわけだが、時間的な隔たりがあっても、読む人にとっての「今」が過去の私とシンクロしている。時間軸の異なる書き手と読み手が交錯しているのが、現在のネットの魅力であり面白さでもある。

 テキストベースの情報は、リアルタイム性よりも過去の蓄積に意味があるわけで、情報を発信する人は、「今」に向けてではなく「未来」にむけて発信していることになる。

 発信者と受信者のタイムラグを最小限にするとなると、テキストベースでは無理なわけで、カメラや音声による「ライブ」が主体になる。

 そうなるとネットに常時つながって、ライブ映像を見たり、自分からライブ映像を発信するような状況が考えられる。

 アニメの「攻殻機動隊」や「電脳コイル」、映画の「マトリックス」といった作品に、そんな電脳世界の描写があるが、デバイスを体内に埋め込むか電脳メガネのように常時装着するものになるのかもしれない。メガネ型デバイスはGoogleが開発しているが、はたしてスマホの次の新しいデバイスになれるかどうかは未知数だね。

「今年は完全に韓国を出し抜きました。技術ではね……」:日経ビジネスオンライン
日本でのスマートテレビの評判は、あまり芳しくありません。実際のところ、消費者もそのメリットがよく分かっていませんよね。

麻倉:これまでも「IPTV」や「インターネットテレビ」というものがありましたが、それらはおそらくネットフリックスのような映像配信サービスのようなものでしょう。これに対してスマートテレビというのは、もっと広範でたくさんのサービスがテレビを通して展開されると考えれば分かりやすいでしょうか。それが2011年、2012年の流れです。私は最近こう言っています。「スマートテレビ」では意味不明だから、「サービステレビ」と呼ぼう。かっこよく「マルチサービステレビ」も良いぞ、と。

(中略)

 もはやテレビにおいてハードとサービスはクルマの両輪です。4Kで有機ELといっても最初はその美しさに驚きますが、人間はすぐに慣れてしまいます。ネット接続による“スマート”の部分での発想が問われているのです。視聴履歴に基づいて、放送コンテンツやネットコンテンツの中からお薦めするクラウド連携サービスなど、今年もいろいろ面白いものが出てきています。それらを研究しながら、サービス面での提案力を磨くことです。

あわせて読みたい

「家電業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。