記事
  • ロイター
  • 2021年07月28日 00:20 (配信日時 07月28日 02:56)

米CB消費者信頼感、7月は1年半ぶり高水準


[ワシントン 27日 ロイター] - コンファレンス・ボード(CB)が27日に発表した7月の米消費者信頼感指数は129.1と、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まる直前の昨年2月以来の高水準を付けた。経済が第3・四半期に入ってからも底堅く推移していることがうかがえる。

市場予想は123.9。前月は128.9だった。統計は労働市場に重点を置いている。

コンファレンスボードの経済指標担当シニアディレクター、リン・フランコ氏は「消費者の現在の状況に対する評価は安定しており、第3・四半期の経済成長が好調なスタートを切ったことを示唆している」と指摘。「消費者の短期的な見通しに対する楽観的な見方は揺らいでおらず、ビジネス環境や雇用、個人の経済的な見通しの改善が引き続き期待されている」と述べた。

BMOキャピタル・マーケッツ(トロント)のエコノミスト、プリシラ・シアゴモーシー氏は「消費者信頼感が高いことは、下半期も経済成長が消費に下支えされることを示している」と述べた。

7月は現況指数が160.3と、前月の159.6から上昇。期待指数は108.4と、108.5からやや低下した。

就職が困難であることを示す指数は10.5と、前月から横ばい。職が十分とみる向きと就職が困難とみる向きとの差は44.4と、前月の44.2からやや拡大し、2000年以来の高水準。同指標は労働省が発表する雇用統計の失業率と相関性がある。

1年先の期待インフレ率は6.6%と、前月の6.7%から低下した。

感染力が強いデルタ変異株の拡散にもかかわらず、消費者信頼感は上昇。ただ、ワクチン接種率が低い西南中部や西北中部のほか、ロッキー山脈地域などでは、信頼感は低下した。

バークレイズ(ニューヨーク)のエコノミスト、プージャ・スリラム氏は「デルタ変異株はある程度の下方リスクになる」としながらも、「感染拡大がワクチン接種率が低い地域におおむね集中していることを踏まえ、信頼感が全体的に損なわれるとは予想していない」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  9. 9

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  10. 10

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。