記事
  • ロイター
  • 2021年07月27日 16:50 (配信日時 07月27日 16:50)

中国の次期駐米大使、ワシントンに向け出発=関係筋


[北京 27日 ロイター] - 複数の関係筋によると、中国の崔天凱駐米大使(68)の後任になるとみられている秦剛外務次官(55)が27日、ワシントンに向かった。

米中関係は悪化しており、前日、天津で行われたシャーマン米国務副長官と王毅外相らとの会談では、双方がこれまでの主張を繰り返し、具体的な成果は得られなかった。

関係筋によると、崔氏は定年を超えており、秦氏が後任となる見通し。崔氏は先月時点で8年間、駐米大使を務めており、在任期間は中国の駐米大使としては最長。経験が豊富で、米中双方で高い評価を得ている。

外務省のウェブサイトによると、秦氏は過去に欧州問題などを担当しているが、対米関係を担当した経験はない。

シンガポールのS・ラジャラトナム国際研究大学院のリー・ミンジャン准教授は、秦氏について「米国の政治、安全保障、外交分野で人脈を築くのに、しばらく時間がかかるだろう」と述べた。

秦氏は2006─14年にかけて、外務省報道官を2度務めたが、中国を擁護するため、早くから辛辣な発言をしていたことで知られる。

リー氏は「秦氏は崔氏に比べて、厳しい姿勢で米国に臨む可能性が高い」とした上で「米中関係は現在、国内の圧力や戦略的な競争など、主に構造的な要因に縛られており、大使が実際に両国関係に及ぼせる影響には限界がある」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  4. 4

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  5. 5

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    適切な言葉遣いは、身を助ける防具にも敵を排除する武器にもなる

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    09月16日 22:45

  8. 8

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

  9. 9

    【会見全文】野田聖子氏が総裁選出馬を表明「他候補者の政策に小さき者、弱き者を奮い立たせるものなかった」

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:14

  10. 10

    菅首相はもっと評価されていい 仕事師内閣らしい仕事ぶり

    早川忠孝

    09月16日 16:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。