記事

「"世界に一つだけの花"というウソ」夢をあきらめる人生のほうが絶対に幸せだ

1/2

2002年に発表されたSMAPの楽曲「世界に一つだけの花」は、いまや国民的楽曲として定着している。しかし、そのメッセージに苦しんでいる人もいる。ライター・編集者の中川淳一郎さんは「現実には大半の人は夢をかなえられない。夢をあきらめる人生のほうが、絶対に幸せになれる」という──。

写真=iStock.com/borchee
※写真はイメージです

「夢」は多くの人を不幸にする

加速するばかりの少子高齢化に伴い、すっかり低成長国家となった日本。現時点でもすでに若者が割を食う社会になっているが、今後はますます若者がラクには生きられない国になっていくだろう。

そんな国において、若者は一体どんな夢を見て、どんな将来を思い描けばよいのだろうか。

先に結論を述べてしまおう。夢なんていらない。夢は多くの凡人、そして運のない人を不幸にする。むしろ夢なんて抱かないほうが幸せに生きられる。

昨今、子どもたちの憧れの職業はYouTuberだと聞く。たしかに彼らのなかには、人気者になって膨大な再生数を叩き出し、下手な芸能人よりも稼いでいる人が存在する。だが、YouTuber全体を見たとき、収益化に成功している人は果たしてどのくらいいるのか。さらに、儲かってウハウハ……なんてYouTuberは0.0何パーセントだろう。「YouTuberになるのが夢」という子どもを否定するつもりはないが、結局、これは「夢」ではなく「妄想」にも近いものでしかないのだ。

世界に向けて情報発信、とはいうけれど

インターネットがあれば、世界中からカネを集めることができる――そんな夢が語られることもあるが、現実には「日本語」という超マイナー言語の壁もあり、世界を相手にするのはなかなか難しい。英語で情報発信をする芸能人、アスリート、政治家、ジャーナリストのツイッターのフォロワーの多さは、日本人とはまったく比較にならぬレベルなのだ。たとえば、日本の芸能人でフォロワー数1位の松本人志はおよそ818万人だが、ジャスティン・ビーバーのフォロワー数は1.1億人である。

英語を上手く使いこなして情報を発信できれば、もしかしたら世界から潤沢な広告費を集めることもできるかもしれないが、日本語しか使えないのであれば、日本という狭い島国のなかだけで細々とパイを奪い合うしかない。

「世界に一つだけの花」というウソ

近年の日本社会に広まる「夢」に関する言説を語るうえで、ある歌謡曲の出現を見逃すことはできない。2002年に発表されたSMAPの楽曲「世界に一つだけの花」だ。

写真=iStock.com/studioportosabbia
※写真はイメージです

同曲は「一人ひとり、みんな違っていい」「ナンバーワンよりオンリーワン」と説き、多くの共感を呼んだ。この曲はのちにSMAPの代表曲のひとつとなっただけでなく、作詞作曲を担当した槇原敬之のセルフカバー版を筆頭に数多くのアーティストにもカバーされて、いまでは国民的楽曲として定着している。教育現場にも採り入れられ、授業内で歌われたり、合唱コンクールの課題曲になったりもしている。そうした背景もあって、メディアや教師たち、そして親たちは、この楽曲の世界観にならって「各人が各人に合わせた夢を持つべきだ」と子どもたちに伝えるようになった。

私は1973年生まれだが、この歌が流行った2000年代前半あたりまでは「夢を持て」「みんなオンリーワンなのだ」と臆面もなく語るような言説はあまりなかったように感じている。もちろん小学校の卒業アルバムや文集などに「将来なりたいもの」という項目はあったものの、「夢」という言い方はいまほど乱用していなかった。私は「教師」と書いたが、多くの男子児童は「プロ野球選手」などと書いていた。

とはいえ、プロ野球選手と書いた子どもたちも、本気でなれるとは思っていない者が大半だっただろう。ほかにこれといって思いつかないから、自分の知っている職業のなかでもっとも憧れるプロ野球選手を書いただけなのである。

だが、21世紀に入っておよそ10年のあいだに「夢は必ず叶う」「みんな特別な存在」的論説はすっかり市民権を得るようになっていった。

美辞麗句やきれいごとが世間に溢れる

世知辛いことをいうようだが、才能のない者は、その分野でいくら将来の明るい展望を追い求めても(夢を持っても)、実現できる可能性は限りなくゼロに近い。それが現実だ。ところが「夢を諦めたらダメだよ」的J-POPが2000年代前半以降に蔓延し、すっかり夢を持つことの重要性が一般化したのである。

私はこの風潮に当初から違和感を抱いていた。そして、夢にまつわるヌルい言説に真っ向から対立する新書『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』(星海社)を2014年に上梓した。

本の内容としては「近年、世間に美辞麗句やきれいごとがあまりに満ち溢れすぎている」「しかし現実の社会は理不尽や不寛容、事なかれ、差別、優勝劣敗で成り立っており、自分が夢想したとおりの人生を歩めることなど滅多にない」「仕事なんてものは『怒られたくない』からやるのである」といった、身もふたもないものである。

「夢」に辟易しだした人々

同書は『凡人のための仕事プレイ事始め』(文藝春秋)という2010年に書いた単行本が前身になっている。この本に加筆修正を加え、再編集を施したものが『夢、死ね!』だ。

2010年当時、文藝春秋の40代編集者は36歳の私が書いた内容を「仕事論」と捉えたが、新書化を担当した星海社の20代編集者は「夢の諦め方」と捉え直したのが実に興味深い。2000年代前半に小中学校に通った若者たちは、それだけ夢を持つことの重要性を学校で叩きこまれ、社会に出てから現実の厳しさに打ちのめされていたのだろう。

『夢、死ね!』の担当編集者・I氏は「そんなのはまやかしです。だから中川さんに加筆していただき、タイトルも一新して刊行したいんです!」とオファーしてきた。結果的には新書のほうが圧倒的に売れたわけで、たぶん「夢」に辟易としている人々から支持してもらったのだろう。

同書ではまえがきで、サッカー選手の本田圭佑がイタリアのプロサッカーリーグ・セリエAの名門クラブ「ACミラン」に入団するという夢を叶えたことに触れている。本田は小学校の卒業文集に「セリエAで10番」と書いていたのだが、その夢を見事実現させたと各種メディアが絶賛したのだ。だが、あくまでも本田は日本サッカー界におけるナンバーワン級の選手であり、日本のサッカー経験者の99.9999%は本田になれない、と私は断言した。そして、まえがきではこう続く。

〈恐らく、日本に現在何万人と存在する小学6年生のサッカー少年の多くは「日本代表になる」「バイエルン・ミュンヘンでプレイする」なんてことは文集に書いているはずである。だが、ほぼ全員にとってその夢は叶わない。本田というたった一つの超レアな成功例だけを、ことさら取り上げるのはナンセンスである〉

持つべきは「夢」ではなく「目標」

私は本のなかで「夢」なんかよりも「年収1000万円になる」や「国家公務員試験に合格する」といった、現実的な「目標」を設定することのほうが生きるうえでは重要だと述べた。さらに、ワタミの創業者である渡邉美樹氏が著作や講演などで語っている「夢に日付を!」という考え方よりも、「夢を諦める日付を」と引き際を冷静に見極める姿勢のほうが大事だとも解説した。

加えて、芸人やミュージシャン、作家などは「今回は審査員が悪いだけだ」などと愚痴を並べ、夢の諦めどきをなかなか見極められない人も多いが、スポーツ選手であればかなり早い段階で潔く諦められることも述べた。

そりゃそうだろう。大谷翔平と高校時代に岩手県の大会で対戦したら「あっ、これはレベルが違うわ。オレなんてプロになれるわけがない。さっさとプログラミングの勉強でも始めよう」「素直に家業を継ぐか」といった話になるに違いない。

芸人の世界に見る「現実」の厳しさ

私はこれまで、お笑い関連の人々と数多く出会ってきた。芸人はユニークな視点や優れた言語センスを備えた人物が多いので、ネットニュースの記事を彼らに書いてもらってきたのだ。そのうちの一組はキングオブコントで優勝するなどしたが、他はなかなかブレイクするまでには至らなかった。しかし、彼らは実に真面目だし、感じがよいし、ライターとしては優秀だった。

私としては「時給の安いバイトを掛け持ちして何時間も酷使されるよりは、ライターをしてもらうほうがネタ作りや稽古などに時間が割けるようになるのでは」とも考えていた。実際、「好きな文章を書いて原稿料をもらい、とても助かっている」「ネタを考える時間ができて助かる」と感謝されたこともある。その一方、彼らとの交流を通じて、あまりにも競争が激し過ぎるお笑いの世界で夢を叶えるのは、本当に難しいことなのだと痛感した。

いまはもう原稿のやり取りをしていない人も多いのだが、現在、彼らのなかには40代を迎えた芸人もいるし、コンビを解散し、ピン芸人としてギリギリの可能性にかけている人もいる。彼らはまだ、夢を諦めきれないのである。

夢を追い続けた者の末路を想像してみる

彼らのことを思うとき、あくまで勝手な想像だが、私にはこんなシチュエーションが頭に浮かんでくるのだ。

バイトに忙殺される日々を送り、気が付けば48歳。とある冬の寒い夜、安アパートで一人カップ酒をすすりつつ「明日はオーディションだ」「ウケたらいいな」などと考えながらアタリメをかじっている。すると次の瞬間、ストーブの灯油が切れて、「ボッ」という虚しい音とともに最後の炎が消えてしまった。途端に部屋は寒さにつつまれ、肩がぶるりと震える。しかし、灯油の買い置きはもうない。

そして、この芸人は思うのだ。「はぁ、夢を追い続けて26年。一体オレは何をやっているのだろう」と。大学時代の友人には上場企業の役員になった者もいるというのに、自分は寒い部屋のなか、最低限の暖さえ取れない。「オレは人生の選択を誤ったのだろうか」「夢を見続けた結果がこれなのか」と自問自答し、暗澹たる気持ちに押し流されそうになりながら、現実逃避するようにカップ酒をあおる……。

これが夢を追い続けた者の末路である。なにも芸人に限った話ではない。現実感に乏しい夢、実現が極めて難しい夢は叶わずに終わることが大半である以上、程度差はあれど、夢にすがりすぎてしまえば誰でも人生のなかで味わう可能性がある悲劇だ。

あわせて読みたい

「SMAP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  7. 7

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  8. 8

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  9. 9

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  10. 10

    【演説全文】岸田文雄氏「今求められるリーダーは私だと確信」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 13:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。