記事
  • ロイター
  • 2021年07月27日 13:11 (配信日時 07月27日 13:10)

200ドルの高級フライドポテトがギネス認定、金とトリュフの風味で


[ニューヨーク 26日 ロイター] - マンハッタンのアッパーイーストサイドにあるレストラン「セレンディピティー3」で1皿200ドル(約2万2000円)の超高級フライドポテトが提供され、話題となっている。

この店はすでに世界一高価なハンバーガー(295ドル)とアイスクリームサンデー(1000ドル)でギネス記録を保有しているが、7月13日時点でフライドポテトもそれに加わった。

正式名は「クレーム・デ・ラ・クレーム・ポム・フリット」。チッパーベック種のジャガイモをビネガーとシャンパンでブランチング(下茹で)し、油ではなくガチョウの脂で二度揚げする。こうすることで、外側はカリカリ、内側はホクホクに仕上がるという。

仕上げに食用の金を散らし、トリュフ塩とトリュフオイルで味付け。クリスタルの皿に盛りつけてランの花とトリュフのスライス、トリュフ風味のモルネーソースを添える。

クリエイティブ・ディレクター兼シェフのジョー・カルデローネ氏は「セレンディピティーは本当に幸せな場所だ。人々は祝い事の際にここを訪れる。時には現実から逃避するためにも」と語る。

多くの飲食店と同様、「セレンディピティー」も新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)下で休業を余儀なくされた。しかしカルデローネ氏らは、この高級フライドポテトが復活を告げる良い方法だと考えた。

その計画が功を奏し、現在ではフライドポテト目当てに8─10週間先まで予約が埋まっている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。