記事
  • ヒロ
  • 2021年07月27日 11:31

プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

プロフェッショナルなサービスに人は喜んでお金を払うのでしょうか?

多くの商品やサービスにはその内容で差別化を図り、売る側は付加価値をつけて高いものを売ろうとします。売り手の視点に立ったビジネスモデルとして付加価値をつける考え方が過去、2-30年の間、学術的にも支持されてきました。

最近、私はこの傾向に疑問を持っています。付加価値はいらない、安い方がいい時代がやってきた、と。

日経に「『タダ乗り投資』市場蝕む パッシブ化の弊害強く」という記事があります。株式のプロの運用の一つに、株価指数に応じて「それをひとまとめちょうだい」という運用があり、これをパッシブ投資と言います。これはその構成銘柄を時価総額などの加重平均で購入するため、極端な話、自分でも計算できるほど単純な投資方法であります。一方、アクティブ投資は個別銘柄を研究と調査を重ね、厳選し、そこにどんと投資する方法です。

結論からすると今はパッシブの方が人気も収益のリターンも大きくなっています。個別企業に対する調査コストが掛からないのでコスト安である点は成功の隠れた理由の一つかもしれません。「ただ乗り投資」とはよく言ったものです。

ウェルス マネージメントという言葉を聞いたことがあると思います。富裕層向けの資産管理で「俺、スイスの〇〇銀行のウェルスマネージメントに任せているから」なんて聞くと「すげぇー!」「いくら持っているんだろう」と驚きだったのは20年前。いまでは「高いフィー払って実際、どうなんだろうね」と言われるのが関の山。プロが提供するサービスへの対価を人々は好んで支払わなくなったのです。

私がかつて開発したコンドミニアムのある管理組合では運営会社の「サービスのある部分」を切り取ってしまいました。それはプロフェッショナルサービスの部分です。残したのは書記とか議事録の保存、管理費の集金や業者への支払いとった事務作業のみです。その代わり、プロに近い知識を持つ人物を直接雇い入れ、複数の管理組合に対して建物の管理を行っています。これがよく機能するのです。

もう一例あります。私が開発した集合住宅の別の管理組合の会長から相談が持ち込まれました。「ひろ、〇〇の補修をしたいんだけど業者からの見積もりを見てくれよ」というので拝見したところ工事費約1500万円程度の3社の見積もりが並びます。パッと見て「おかしい」と思ったのは業者への作業の指示をした管理会社の立ち位置です。「これだけの補修が必要です」と管理会社の判断のもと、作業内容を業者に見積もらせたのです。

作業内容を見ると作業の本質が違う気がしたので「私がいま一緒に仕事をしている工事管理会社を紹介するから」と申し上げ、見てもらったところ、管理会社の指示と全く違うアプローチで作業費用は170万円と出ました。10倍近く相違するのです。しっかりしたプロの助言があるはずの管理会社は将来の責任を逃れるための「無駄尽くし」であったのでしょうか?

プロとは何か、最近、疑問がわくのです。様々な情報、ツール、ノウハウの水平展開などを通じて一般人でも高い知識や見識を持つ人が増え、プロと一般の差が少なくなったのです。

一番わかりやすい一つの例はウェブデザイナーでしょう。20年前はプロにお願いして50万円とか100万円をほいほい払うのが当たり前でした。しかし、今はウェブデザインするツールは誰でも無料とか格安で利用できます。すると今、必要な能力はウェブデベロッパーの方でそのウェブサイトをうまく機能させることが主眼となります。極端な話、各ページのデザインとコンテンツはこちらでやるからそれをサイトとして機能しアップロードしてほしい言えば安く済むのでしょう。

カナダのショッピファイのように中小企業向けのオンラインショッピングのウェブで世界トップクラスを走る会社もあります。この会社はベースの形式に顧客のニーズに合わせて数百あるとされるオプションを組み合わせるビジネスモデルなのです。ブロックや積み木と同じです。いらないものはつけない、必要なものを必要なだけ、という発想かと思います。

料理レシピのウェブサイトは高い人気があり、かつてはクックパッドが独走だったと思いますが、最近はクラシルやDelish Kitchenなど新興組と激しい争いとなっています。ではなぜ、レシピサイトがこれだけ人気なのか、といえばレストランや飲食店の味を家で再現する、これに尽きるのです。

かつては街の中華料理屋の味すら家庭では無理とされました。今ではレシピ的にはほぼ追い付いています。唯一不可能なのが火力です。業務用の火力が引き出す味だけは家庭では機能的問題が残りますが、腕自慢の方は相当増えたと思います。とすればわざわざ高いお金を払って街まで出向かなくてもよいというもの。これもプロへの支払いを減らすための主婦の努力だと考えたら合点がいきませんか?

私は北米に住むようになった初めの頃にとても印象的だったのが「Do it yourself」でした。それは単に手先が器用になるということではなく、業者に頼んだらカネも時間もかかるから自分でやるようにという意味でした。おかげでビジネスに関しては自分で相当こなします。簡単なリーガルドキュメントから会計処理、不動産の管理業務やマリーナの水道管修理まで自分達でやります。

社会のトレンドの一つは一般人のノウハウが上がってきたこと、そしてプロの作業を費用対効果という点でよりシビアに見るようになってきたことがあると思います。今までは「やってもらった方が楽」だったけれど世代が変わると「自分でやったらこんなに面白いものがこんなに安くできた」になります。それをみた年配の方は「あなた、これ、自分でやったの?すごい才能じゃない?」というと思いますが、才能というよりツールと情報がそこにある、それをいかに利用するかでコストは相当下げらえるといった方がよいのだろうと思います。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「サービス業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  10. 10

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。