記事
  • ロイター
  • 2021年07月27日 08:25 (配信日時 07月27日 08:23)

JPモルガン、下期は新興国株が先進国株より優勢と予想

[26日 ロイター] - JPモルガンは26日、新興国株の今年下期の値動きは先進国株をアウトパフォームすると予想した。新型コロナウイルスワクチン接種の遅れや中国経済の減速懸念、ドル高に絡むリスクが後退する点を理由に挙げている。

過去半年間、MSCIの新興国株指数は先進国株指数を11%下回る動きとなったが、今後は状況が変わる可能性があるという。

JPモルガン・カザノブの株式ストラテジスト、ミスラフ・マテイカ氏は顧客向けノートに「リスク・リワードは再び新興国株有利に転じつつある。われわれは下期に入るとともに、新興国株が先進国株に対して優勢になり始めるはずだと信じている」と記し、既に同社が新興国株を「オーバーウエート」にしたと付け加えた。

ワクチン接種については、年後半にかけてペースが加速して先進国との接種率の差が縮まり、新興国の成長や企業収益を押し上げる力になりそうだ。

また中国が7月に預金準備率を引き下げ、景気回復の先行きに不安が高まったものの、引き下げは経済全体ではなく特定セクターてこ入れを狙ったものになる、というのがJPモルガンの見方。さらに米連邦準備理事会(FRB)の利上げが当面見込めないため、ドルはレンジ相場にとどまり、新興国市場への圧力は和らぐという。

JPモルガンはブラジルに対して強気姿勢を表明し、ワクチン接種の急速な進展により成長率が高まると想定。台湾、インドネシア、タイの株式も推奨した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。