記事
  • ロイター
  • 2021年07月27日 00:50 (配信日時 07月27日 01:33)

米新築住宅販売、6月は14カ月ぶり低水準 資材・住宅価格高騰で


[ワシントン 26日 ロイター] - 米商務省が26日に発表した6月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比6.6%減の67万6000戸と、市場の増加予想に反し減少し、昨年4月以来14カ月ぶりの低水準となった。資材価格の高騰とそれに伴う住宅価格の急上昇が住宅市場に対する向かい風となっている可能性を示唆した。

市場予想は3%増の80万戸。

前年同月比では19.4%減少。前年比での減少は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)以降で初めて。

5月の販売戸数は下方修正され、当初発表の76万9000戸から72万4000戸へ変わった。

ネイションワイドのチーフエコノミスト、デイビッド・バーソン氏は「建設関連コストやサプライチェーン(供給網)を巡る問題が緩和されるまで、販売戸数が短期的に大幅に増加するとは考えにくい」と述べた。

地域別では中西部を除き、販売は南部、北東部、西部で減少した。

販売価格の中央値は前年同月比6.1%上昇の36万1800ドル。販売は20万─74万9000ドルの価格帯に集中し、最も需要が高い20万ドル以下の住宅販売は全体の2%にとどまった。

在庫は35万3000戸と、前月の33万戸から増加。6月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は6.3カ月と、前月の5.5カ月から拡大した。6─7カ月が健全な需給状況を示す水準とされる。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。