記事

『竜とそばかすの姫』レビュー 説得力がない3つの理由

1/2

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』を観てきた。


インターネット上の仮想空間<U>(ユー)で人々が自分の分身<As>(アズ)を操れるようになった世界を舞台で、“歌姫”Belleとして才能が開花させた田舎の女子高生・鈴。現実と<U>のギャップに戸惑いながら、Belleとして脚光を浴びていく彼女の前に、突如として現れた<U>内の嫌われ者“竜”。彼の背中のアザが気になったBelleは、徐々に心を通わせていくことになる。

<<以下多少のネタバレ含みます>>

■細田守監督の自己言及的作品?

本来は引っ込み思案で、表に出たがらない鈴=Belleを通じて描かれるのは、「ネット上の賛否を含む多様な意見の豊かさ」、そして「他者に向けて表現を発表していくことの尊さ」だ。

Belleの歌に最初から誰もが惹かれていたわけではない。最初は難癖をつける者、批判的な者がごろごろいる、ということも描かれる。

批判の多さにビビる鈴だが、そこで彼女の親友、ヒロちゃんが「肯定しかされない奴なんてコアなファンだけな証拠」「(賛否両論ということは)半分には評価されてるってことじゃん」(大意)と勇気づける。

ヒロちゃんの言うとおり、100人が100人とも評価するような表現なんて存在しない。批判する人がいれば、評価してくれる人だっている。本作は、ネット上の豊かさを肯定しつつ、その中で表現していく勇敢さを称える。

ただ…少しイジワルな見方をしてしまうと、本作は「細田守監督が細田守監督を鼓舞するために作った」側面もあるのではないか、と鑑賞中に考えてしまった。

思えば、細田監督の過去作は、特に描かれる価値観を中心にして常に賛否が割れてきた。特に前作『未来のミライ』は、前々作の『バケモノの子』から興行収入がほぼ半減する惨憺たる結果に。ぼく個人的には、正直内容的にもちょっと惹かれず、恥ずかしながら劇場で寝てしまい(ごめんなさい!)、今回配信で見返すことになってしまった。

ネット上での表現に対する反応は多種多様であり、それでも臆せずに表現し続ける勇敢さと尊さ。本作が描いているメッセージの一つは、細田監督が細田監督という表現者に向けて作った映画のようにさえ思えてくる。

ただ、「賛否両論ということは支持している人もいるということ」というメッセージを作品の中にビルトインすることは、諸刃の剣でもある。

というのは、このセリフは『竜とそばかすの姫』というこの作品に対しての批判についての「牽制」としても作用してしまうのだ。「まあ、この作品を批判する人もいると思いますけどね」と、前もって釘を刺されたような気がして、あまり気分がよくないでないか…。本当はいい作品だったら手放しに褒めたいのに!

ということで、以下、あまり本作に乗れなかった浅ましい人間の書いた感想であり、その点を理解いただける人だけお目汚しください。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  7. 7

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。