記事

「紙の本」は無くなっても、出版社は無くならない


■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

自己紹介で「本を書いている」と言うと、「印税でウハウハですね」といった反応がよく返ってきます。しかし、これは出版業界の現実を知らない人の発言です。一部のベストセラー作家を除けば、本の執筆は儲からない仕事です。

ビジネス書の場合、印税は最大でも価格の10%程度。1500円の本で一冊売れても150円ですから、1万部売れたとしても150万円です。

書籍の販売は年々低下しており、ビジネス書で1万部に到達するのは簡単ではありません。しかも、1冊売れても、次々と連続してヒットを出し続けるのは、更に困難です。一部の例外の人たちを除けば、書籍で印税生活を実現するのは、極めてハードルが高いといえます。

最近、ビジネス書作家から注目されているのは電子出版です。その理由は収益性です。出版社を通さず、著者が直接原稿を作って、アマゾンなどで販売する場合、著者が販売価格の70%程度を受け取れる場合もあるそうです。

確かに収益率が極めて高く魅力的に見えますが、私は自分で直接書籍を制作して電子出版しようとは、今のところ考えていません。

その理由は、出版社にいる編集者の存在です。

今まで40冊以上の書籍を出版してきましたが、編集者の役割は極めて重要です。こちらが持っているコンテンツをどのように調理し、読者に提供していくか。編集者の資質や提供してくれるアイディアによって、書籍のクオリティや販売部数は大きく変わってきます。

二番煎じのような作品を安易に大量生産するのではなく、真に読者への価値提供を考え、今までになかった書籍を作ろうという意欲のある編集者は、価値ある書籍の制作に必要不可欠です。そのような書籍を、これからも編集者の方と力を合わせて作っていきたいと思います。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年7月26日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  7. 7

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  8. 8

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  9. 9

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。