記事

【ウェグマンズ】、アメリカで大人気の食品スーパーでさえ8割の店がアプリでスキャン!


■ニューヨークなど7州に104店の食品スーパーを展開するウェグマンズは、お客がスキャンしながら買い物を行う「ウェグマンズ・スキャン(Wegmans SCAN)」を導入している。

レジ待ち時間を短縮するだけでなく、人との接触を最小化することで新型コロナウイルスの感染拡大の防止にもなる。

ウェグマンズ・スキャンは、お客がスマートフォンに専用のアプリをダウンロードして、商品のバーコードをスキャンしながらレジで決済するシステムだ。

セルフでスキャンするシステムは、ウォルマート傘下のサムズクラブが全店で「スキャン&ゴー(Scan & Go)」で行っており、ウォルマートもサブスクリプションの「ウォルマート+(Walmart +)」の特典として会員がスーパーセンター等で行えるようになっている。

イリノイ州など中西部でスーパーセンターを展開するマイヤーも「ショップ&スキャン(Shop & Scan)」も全店で行っているのだ。

コンビニエンスストア最大手のセブンイレブンも先日、「モバイル・チェックアウト(Mobile Checkout)」を3,000店以上に拡大したことを発表した。

 ウェグマンズ・スキャンはアプリのみの利用となっており、今のところハンドヘルド端末の展開はない。

ウェグマンズ・スキャンは2019年から本社のあるニューヨーク・ロチェスター地区のウェグマンズ・イーストアヴェニュー店でテストを開始し、マサチューセッツ州などの店舗でもテストを拡大した。

昨年5月には一昨年オープンしたウェグマンズ・ブルックリン・ネイビーヤード店など、約半数(46店舗)あたる店舗でウェグマンズ・スキャンを拡大していた。

昨年11月にバージニア州タイソンズにオープンした新店を含め83店舗でウェグマンズ・スキャンを導入しているのだ。

パンデミックの影響でコンタクトフリーなモバイル・チェックアウトの需要が増しており今年中にもほぼ全店での展開になりそうだ。

 使い方は、ウェグマンズ・スキャン・アプリをダウンロード後、店でアプリを起動しウェグマンズのゲストWiFiに接続する。

利用者がもつウェグマンズのロイヤリティカード「ショッパーズ・クラブ(Shoppers Club)」のアカウントにサインイン(もしくは自分の電話番号を入力)して、商品バーコードをスキャンしていく。

生鮮品等の量り売りではデジタル計量器にPLCコード(商品コード)を入力してアイテムを置き、スクリーンのバーコード(もしくはプリントアウトした値札ステッカーのバーコード)をスキャンしていくことになる。

デリのホットフード等では容器の種類も入力して、デジタル計量器で計測しスキャンする。

会計はアプリにあるQRコードをレジでスキャンして同期し、スキャンした商品データをアップロードする。

決済ではクレジットカード、デビットカードもしくはキャッシュ等で支払う。デジタルクーポンやロイヤリティプログラムのセールも自動的に適用する。

 お客がモバイルアプリを使って自分でスキャンするモバイル・チェックアウトはスーパーマーケットチェーン最大手のクローガーや1.6万店以上を展開するダラーストアのダラーゼネラルなど多くのスーパーや小売店で導入が進んでいる。

モバイルチェックアウトとは異なるもののアマゾンの食品スーパー、アマゾン・フレッシュではショッピングカートの内蔵カメラが商品バーコードを読み込むアマゾン・ダッシュカートを導入している。

 ウェグマンズでは現在、ウェグマンズ・スキャンを初めて利用したユーザーに5ドルのデジタル割引クーポンを進呈している。

食品スーパーは人手不足の問題もあり、こういったテクノロジーで店舗の省人化を本音では進めたい考えなのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。日本の流通業者の中には毎年の米国流通研修を楽しみにしている人たちが結構います。世界最先端の流通現場を視察することで新しい刺激を受け、頑張ろうという気持ちになるのです。年間に数回、アメリカに訪れていた人たちもコロナ禍で3年近くもウォルマート視察ができていないということになっています。アマゾンの食品スーパーであるアマゾン・フレッシュをひと目見たくて、悶々としている人たちも多いのではと思います。

ビフォア・コロナとアフター・コロナで流通もDXでかなり進化しました。いざ視察できるようになったら、スーパーマーケットの売り場で見かけるピッカーや買い物代行のスタッフの多さから店舗視察だけではダメだなという気持ちになると思います。ニューヨーク視察では必ず訪れるウェグマンズでもエントリー記事にあるように店舗の80%に、お客がスキャンしながら買い物を行う「ウェグマンズ・スキャン(Wegmans SCAN)」が導入されています。これに加えてデリにはモバイルオーダーもありますし。

 アフター・コロナの視察では、これまでITに疎かった年配の経営者や役員でさえ、さすがに「売り場を見て回るだけではダメだな」と痛感します。流通DXが進めば進むほど、ストアアプリを使った実践的な内容に変わっていきます。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  3. 3

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  4. 4

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  5. 5

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  8. 8

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  9. 9

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  10. 10

    河野太郎氏が自民党総裁選を前に意欲を示す「国民の皆さまと一緒に日本を前に進める」

    河野太郎

    09月28日 22:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。