記事
  • ロイター
  • 2021年07月26日 08:35 (配信日時 07月26日 08:34)

米テスラ、インドでEV輸入関税引き下げを働き掛け=関係筋


[ニューデリー 23日 ロイター] - 米電気自動車(EV)・大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はツイッターへの投稿で、インドでの輸入販売で実績を出せれば、現地に工場を設ける公算が大きいとの見通しを示した。関係筋によると、同社はこれより先、インド政府の関連省庁に書簡を送り、EVへの輸入関税の大幅引き下げを訴えた。

ただ、インドのモディ政権は国内製造業の振興に向け、多くの産業に高水準の輸入関税を課しており、テスラの引き下げ要求にも難色を示すとみられる。

マスク氏は、インドでのテスラ車の販売開始を求めるツイートに対し「われわれはそうしたいが、(インドの)輸入関税は他の大きな国よりもはるかに高い」と応じた。

「ただ、われわれは少なくとも一時的にEVに対して関税が軽減されるよう願っている」と続けた。

インドで事業を行う他の高級車メーカーも、過去に輸入車への関税引き下げを政府に働き掛けた。だが、国内に生産拠点を持つ競合社の反対で要求は実現していない。

関係筋によると、テスラは年内にインドでの販売開始を目指しており、関係省庁やインドの有力シンクタンク、ニティ・アーヨグに宛てた書簡で、EV完成車の連邦レベルの輸入関税を40%に引き下げることが適切だと主張した。現在は4万ドル未満の輸入車には60%、4万ドル以上の車両には100%の関税を課している。

関係筋は「輸入関税を40%に設定すれば、EVが今より手に入りやすくなるが、需要が拡大した場合に現地生産で対応するよう企業に促すには十分に高い水準というのが(テスラの)主張だ」と指摘した。書簡は公表されていない。

テスラの米国向けウェブサイトによると、4万ドルを下回っているモデルは「モデル3スタンダード・レンジ・プラス」のみとなっている。

テスラが書簡を送った先は、インドの道路交通省や重工業省など。これらの省からコメントは得られていない。

インドではEVが平均的な消費者の手の届かない価格帯にあり、充電インフラもほとんど整備されていないため、販売台数は少ない。

昨年同国で販売された自動車240万台のうち、EVは5000台にとどまった。大半が2万8000ドルより安いモデルだった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  3. 3

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  4. 4

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  7. 7

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  10. 10

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。